› 田舎のITコンサル社長ブログ › その他 › いわゆるパソコンはどうなのさ

2012年10月24日

いわゆるパソコンはどうなのさ

タブレットが花盛りですね。

そもそもSAMSUNGは、「Galaxy Tab 7.7」があります。
そこにGoogleが、「Nexus 7」を出してきたと思ったら、
Appleから、「iPad mini」の登場です。
さらに追い討ちで、Amazonから「Kindle Fire」。

スマホのネタには事欠かないわけですが、
んじゃ、いわゆるパソコンはどうなのさと。
ひとまずiOSは置いといて、
慣れ親しんだWindows8でチラッと見てみました。

ご存知、Windows8のウリの1つとして、
Windows 8には、タッチやマウス操作によって行える
マルチタスクジェスチャーが搭載されています。

OSの刷新と共に、
各社ハード的にもその辺に対応してくので、
見ていて面白いことになっています。

富士通では、
ノートパソコンのディスプレイが取れる
タイプが出てきてます。
当然、ディスプレイ側にCPUからバッテリーまで内蔵です。
もはやディスプレイというより、タブレットです。
http://jp.fujitsu.com/








パナソニックでは、
ディスプレイ部分をそのまま裏返して、
ロックできるものが出ています。
ちょっと厚めなタブレット的な使い方ですね。
http://panasonic.jp








レノボでは、
中央をぐるりとひねり折り返します。
こちらも結果的には
ちょっと厚めなタブレット的な使い方ですね。
http://www.lenovo.com








Windows8のタッチディスプレイの部分がウリだとすれば、
一般ユース向けに各社工夫を凝らしてますが、
結局タブレット的な使い方の提案になってるようです。

ソフトの作り手としては、
この流れで価格が落ちてますので、
タッチディスプレイによるソリューションが
少し提案しやすくなってくると思います。

クリーンな現場、
逆に埃っぽい現場、
単純なオペレーションの現場など。

いわゆる従来のタブレットで行っていたところに、
パソコン本体が入り込めるわけです。
見た目はタブレットでしょうけど。

開発する側から言うと、
まだまだキーストロークがしっかりした、
キーボードが欲しいところです。
そしてWindows8は、
タッチディスプレイの検証などありますので、
テスト用では間違いなく実機が欲しいなと。

あとは、マルチタスクとなってますが、
マウスカーソルからのクリックと、
ディスプレイをタッチした時のイベント、
別々に認識しているのでその辺の中身の部分、
そんなところは知りたいので、使ってみたいです。

とにもかくにも、
時代はタブレット的な方向に進んでいますね。



同じカテゴリー(その他)の記事画像
この一歩
新入社員歓迎会
新年のご挨拶(2016年)
おいでよ!農業試験場(農業試験場公開デー)
目に見える範囲だけが世界の全てではない
“励まし”を送るアプリを開発
同じカテゴリー(その他)の記事
 この一歩 (2017-09-14 23:59)
 新入社員歓迎会 (2017-09-13 23:59)
 新年のご挨拶(2016年) (2016-01-01 00:00)
 茨城県及び栃木県の水害について (2015-09-14 23:59)
 おいでよ!農業試験場(農業試験場公開デー) (2014-08-22 20:31)
 目に見える範囲だけが世界の全てではない (2014-07-24 23:18)

Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 23:02│Comments(0)その他
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。