› 田舎のITコンサル社長ブログ › その他 › 世界最大級の蓄音機

2012年09月09日

世界最大級の蓄音機

世界最大級の蓄音機があると聞き、
知り合いのライターさんと一緒に、
栃木市に行って来ました。

ある個人の方の所有物で、
1927年ぐらいにイギリスで作られたらしいです。
どうですかこの大きさ。
どんだけ大きいんだってことですよ。



蓄音機の針は、
サボテンの針を使っていらっしゃいました。
試行錯誤の結果いきついたとのこと。

音が素晴らしく、
素人の私でも感動してしまいます。
奥行きというのかな、
その場でピアノやチェロ、バイオリンなど
弾いているように錯覚します。



真空管も見せていただき、
音を出していただきました。
最後に真空管を見たのは、
恐らくラックスマンを訪問して以来だから、
何年ぶりだろう。



ご自宅の続きにホールを作られ、
壁はLPやSPレコードが並んでいます。
ほんと、とても素敵で贅沢な時間を
過ごさせていただきました。

1920年代1930年代のSPレコードを中心に、
時には時代背景なども聞きながら、
約3時間の独占コンサートです。

SPは、片面が3分ちょっとなので、
こまめにレコードを入れ替える必要があります。
針もその都度、新しいものにしていただき、
最高の音を楽しませていただきました。



その他、SPとLPとCDの聴き比べなど、
ほんと素人には勿体無いことばかりでした。
レコードプレーヤーもかなりの年代物で、
欲しいという方が幾らでもいるとか。



ほんと至福の時とはこのことですよ。
世界最大級の蓄音機から発する音は、
デジタルのシャープさには無い、
人間の耳や心に響く、
心地よい音色です。

このご縁に感謝すると共に、
作り上げなくちゃと、
想いを新たにさせていただきました。



同じカテゴリー(その他)の記事画像
この一歩
新入社員歓迎会
新年のご挨拶(2016年)
おいでよ!農業試験場(農業試験場公開デー)
目に見える範囲だけが世界の全てではない
“励まし”を送るアプリを開発
同じカテゴリー(その他)の記事
 この一歩 (2017-09-14 23:59)
 新入社員歓迎会 (2017-09-13 23:59)
 新年のご挨拶(2016年) (2016-01-01 00:00)
 茨城県及び栃木県の水害について (2015-09-14 23:59)
 おいでよ!農業試験場(農業試験場公開デー) (2014-08-22 20:31)
 目に見える範囲だけが世界の全てではない (2014-07-24 23:18)

Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 00:50│Comments(0)その他
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。