› 田舎のITコンサル社長ブログ › セミナー参加 › Androidアプリ作成の体験その1

2012年09月02日

Androidアプリ作成の体験その1

先週8月25日に、
小山市工業界発展に向けての工業大学セミナーと
銘打ちまして開催された、
第23回小山市工業大学セミナーを受講させて頂きました。



講座名は、Androidアプリ作成の体験で、
平成24年8月25日と9月1日の2日間、
朝9時半からお昼の1時間を挟んで、
夕方5時までのボリュームです。

場所は小山市にあります、
関東職業能力開発大学校です。
設備も整っており、
素晴らしい学び舎です。



実は、この講座に興味を持ったのは、
その開発言語にあります。

普通、スマートフォンアプリといえば、
Java(ジャバ)とEclipse(イクリスプ・エクリプス)というのは定番です。
そんな中で、MIT App Inventorという言語というかツールを使うということで、
興味津々で参加してみました。

App Inventorとは、
1960年代にMIT(マサチューセッツ工科大学)で研究されていた、
LOGOを起点とした教育用のプログラミングツールです。
MITからGoogleへ開発元が移り、
現在、GoogleからMITに戻っています。

特徴としては、
JAVAのようにプログラムを書きません。
デザインを配置して、
ブロックを構成するだけです。

それと、データはMITに保持されているので、
ネットでブラウザが活用できれば、
いつでも何処でも開発ができます。

エミュレータが用意されているので、
実機が無くてもテストが行えます。
もちろん実機固有の機能があれば、
それは実機が必要です。

さて初日は、
計算機や、音声再生ルールなど、
幾つか簡単なプログラムを作りました。



今後、サンプルPGなど公開していきますので、
興味のある方は、触ってみて下さいな。

=========================
Androidアプリ作成の体験記(MIT App Inventor)
-------------------------
Androidアプリ作成の体験前(その1)
Androidアプリ作成の体験後(その2)
=========================



同じカテゴリー(セミナー参加)の記事画像
宮嶌裕二氏講演会&賀詞交歓会
ソーシャルビジネスフォーラムin宇都宮(後編)
ソーシャルビジネスフォーラムin宇都宮(前編)
2013秋 経営者強化合宿
情報セキュリティ対策 中小企業向け指導者育成セミナー
中津社長と鷹箸取締役の胸熱な話し
同じカテゴリー(セミナー参加)の記事
 宮嶌裕二氏講演会&賀詞交歓会 (2016-01-14 23:59)
 ソーシャルビジネスフォーラムin宇都宮(後編) (2014-10-18 23:59)
 ソーシャルビジネスフォーラムin宇都宮(前編) (2014-10-18 23:58)
 2013秋 経営者強化合宿 (2013-11-09 13:06)
 情報セキュリティ対策 中小企業向け指導者育成セミナー (2013-10-11 23:59)
 中津社長と鷹箸取締役の胸熱な話し (2013-08-28 23:59)

Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 02:14│Comments(0)セミナー参加
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。