› 田舎のITコンサル社長ブログ › 書籍 › ゴールデンウイークを読書に充てる起業家へお勧めしたい5冊

2012年04月30日

ゴールデンウイークを読書に充てる起業家へお勧めしたい5冊

一口に起業家と言っても、
業種はもとより、ステージによって振る舞いは様々です。
自身が現場の最前線で戦わないといけない方もいれば、
既に経営に専念している方もいるでしょう。

飲食業などゴールデンウイークは稼ぎ時って方は別にして、
多くの経営者にとって、ゴールデンウイークは年末年始と共に、
普段とはちょっと異なる時間を作りやすかったりします。

ここでは、私の独断と偏見に基づいた、
起業したての方へお勧めしたい5冊の書籍を紹介します。
何らか皆さんの参考になれば幸いです。




■7つの習慣(1996年)

愛読書としている経営者も多いのではないでしょうか。
成功への原理原則が書かれており、ハマるかハマらないかは別にして、
こういうアプローチもありますよとセレクト。

7つの習慣―成功には原則があった!






■ザ・ゴール(2001年)

これ、実は小説なので、他の書籍とはぜんぜん異なります。
工場の業務改善プロセスを主人公目線でクリアしていきますので、
最適化を学びたい方や、小説なら読んでみようって方へのセレクト。

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か






■儲かる会社の社長の条件(2007年)

カリスマ社長として有名な、株式会社武蔵野の小山社長です。
書籍も多数あり、その中でも経営者向けのものを特にセレクト。

儲かる会社の社長の条件






■売れる人は知っている営業マナー(2008年)

営業会社じゃないにせよ、どんな会社にでも外交戦は必要なこと。
この手の書籍は幾らでもありますが、ビジネスマナーの常識から、
トップセールスの手法まで、幅広く書かれているのでセレクト。

売れる人は知っている営業マナー―アポ取りから訪問プレゼンまで






■ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書(2012年)

ビジネスモデルが曖昧だったり、無い状態で起業する方も多い。
早いうちに主軸を構築した方が良いに決まってます。
ビジネスモデルの考え方を根底から作るような方へのセレクト。

ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書






世の中には、良い本も悪い本もたくさんあり、
そんな中で良書にめぐり合うのは難しかったりします。
またある人が良書と思っても、別の人はそれを悪書と捉えたりします。
価値は千差万別なので、仕方ないこと。

そもそも無い頭を使って、幅広くセレクトしてみました。
小説あり、哲学的な書もあり、説明書の類もある。
あなたが良書に巡り会えるきっかけになれば嬉しいです。



同じカテゴリー(書籍)の記事画像
「残業絶対ゼロ」出版おめでとう
ソーシャルネットワークをビジネスに活かす本
同じカテゴリー(書籍)の記事
 「残業絶対ゼロ」出版おめでとう (2013-12-08 12:19)
 ソーシャルネットワークをビジネスに活かす本 (2013-03-23 18:49)
 社長の救急箱 (2010-08-01 12:16)
 ザ・ゴール (2005-06-13 01:25)

Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 21:45│Comments(0)書籍
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。