› 田舎のITコンサル社長ブログ › プライベート › 被災地へ救援物資を運ぶ

2011年03月18日

被災地へ救援物資を運ぶ

3月17日の朝、
被災地である福島県須賀川市の知人から、
救援物資の依頼があった。

17日時点の福島県須賀川市は、
電気は使えるものの水道が停まったまま。
コンビニでは何も買えず、
ガソリン不足で身動きが出来ない状態。

私はボランティア団体では無く、
高速道路を使うことは出来ない。
行くとなれば、一般道である国道4号線だけ。

何名か救援物資を運んでいるようなブログを書いている知人が居り、
国道四号線で現地まで行けるのか聞いてみたが、
物資の積込みに携わっているだけで現地までの情報は無いとか、
高速道路で行き来をするので一般道の情報は無いとか、
欲しい情報までは辿り付かず。

万全の準備をし、
ダメならダメで引き返すという決意をし、
作業を進めた。

・ガソリン満タン
・エアコンを未使用、防寒着を完備。
・雪を考慮しスタッドレスでチェーンも持参
・有事を考慮し自身の水と食料を2日分
・携帯電話はフル充電、予備バッテリーも持参
・懐中電灯
・アマチュア無線
・ニンジン棒(誘導灯)

支援物資を探し回ったが、
水道が普通に出る小山市内でもポリタンクが1家族1つまでとか、
買い占めが激しく制限があるみたい。

それでも数個のポリタンクを準備し、
水を満タンにして車に詰め込んだ。
あと、ウエットテッシュや食料など、
希望する物資を積めるだけ詰め込んだ。

大規模計画停電や昼間の渋滞を避け、
出発は20時にした。
何があるか分らないから、
なるべくリスクを避けたい。

栃木県内は思ったより車が多かったが、
それでも順調に那須方面へ。
天候では雪の予想もあったが、
雪が降ってないのはありがたい。

移動中に、
今度は宮城県の知人から物資の依頼あり。
流石にこの足で向かうには物資も足りないので、
別途、何か考えよう。

順調に福島に入った。
白河を過ぎたあたりで、
ガードレールが歪んでいたり、
道路の起伏も出てきた。

それでも修繕作業がされており、
分りやすいようにパイロンがあったり、
路面の修繕跡で黒くなっているので、
皆、減速して渡っている。

通常走行では目視で気が付くので、
事故になることは無いと思うけど、
雨や雪の場合はちょっと注意が必要。
激しい段差を減速無しに渡ると、
車の天井に頭をぶつけるなんてことがあるかも。

待ち合わせ場所の須賀川駅に到着。
笑顔で出迎えてくれた。
物資の受け渡しや、近況報告など。
ガソリン不足や、コンビニでの品物不足を嘆いていた。

ちなみに小山市から須賀川市までの国道四号線の百数十キロ、
オープンしているガソリンスタンドは1件も無し。
それだけ栃木でも福島でも、
ガソリン不足が逼迫しているってこと。

あと見てきた感じだと、
福島市内のコンビニはほとんどが普通に閉店してる。
もちろん幾つかオープンしているけど、
欲しいものが手に入らなかったり、
少なかったりする。

帰りは夜中ってことで、
行きよりも更に順調。
20.6km/Lぐらいで走ってきた。

地元に戻ってきて驚いたのは、
地元のガソリンスタンドで、
朝のオープンを待って長蛇の列が出来ていたこと。
まだ夜中の3時前なのに数十台。

こっちも数日中に給油をしないといけないなと、
でも今はただ無事に帰って来られて良かったなと。
おやすみなさい。




同じカテゴリー(プライベート)の記事画像
選考結果が届きました
同じカテゴリー(プライベート)の記事
 選考結果が届きました (2014-07-12 20:42)
 大きな地震 (2011-03-11 17:17)

Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 03:34│Comments(0)プライベート
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。