› 田舎のITコンサル社長ブログ › 新入社員歓迎会など

2010年04月17日

新入社員歓迎会など

朝から宇都宮へ。
何だかむちゃくちゃ冷え込んでいて、
車の中もすぐには温まらない。

前日3時近くまで作業して、
クライアント先へ納品。
お客様の笑顔を見ると疲れも吹き飛ぶ。

今回、形式上はB2Bなんだけど、
実際にはB2Cに近いやり取りが多い。
お客様の表情が手に取るように判る反面、
変に手間取る可能性も秘めていた。

例えば帳票の罫線の間隔。
これが企業だったら、
事前に○cmという具体的な数が出る。
ところが慣れていない方の場合、
どうしても「見ないと判らない」となる。

またここは語弊があるかもしれないけど、
お客様の笑顔が見えやすいため、
エンジニアが手間を掛けすぎてしまい、
逆に不評を招く可能性がある。
日頃見えにくいお客様の顔が見えるので、
ついつい笑顔に喜んで作業をしてしまう。
その反面、成果の着地を感性に求めると、
とっても危険なデスマーチに突入したりする。

ともあれトラブルも無く、
無事に着地は何より。

午後、事務所に戻ると沢山のバースデーメール。
誕生日をめでたいと思うような歳でも無いのだが、
やっぱりメール1通でも貰えると嬉しいものだ。

お誕生日おめでとうメールを送って頂いた皆様、
お忙しい中で心を砕いて頂き、
大変にありがとうございます。

都内に移動し、赤羽駅の構内で遅すぎる朝食。
もはや昼食と兼ねてます。
てきとうに見つけた定食屋に入ったら、
夜は居酒屋を兼ねているらしく、
キープされたボトルが沢山。
駅構内でも、ボトルキープとかしちゃうのね。

その後、コーヒーをご馳走になりながら、
楽しい打合せが1本。

夜は新入社員歓迎会。
4月からは2名の仲間が集います。
大いに士気を高めたいところでしたが、
運営側のグデグデ感が否めずなし崩し的。
そこはちょっと残念。

帰りは最終列車で戻りました。
途中、雪が降っており、
雪で運休なんてならずに無事に戻れることを祈りつつ、
無事に地元の駅へ到着。

そうそう、ある知人から、
誕生日おめでとう電話が入ったんだけど、
「帝国データバンクのデータを見ていて誕生日だと気が付いた」と
そんな理由だった。
うちに規模じゃ大した情報も上がってないのに、
さてどんな情報を眺めていたんだろう。
そもそも直接聞いてくれた方が、
よっぽど旬な情報を提供できるのに。

とにもかくにも、
慌しくエキサイティングな、
普通の日と何ら代わり映えしない、
そんな誕生日となりました。




Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 02:20│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。