› 田舎のITコンサル社長ブログ › 海外の高級チョコが美味しいワケ

2010年02月04日

海外の高級チョコが美味しいワケ

お客様との雑談中に、
何故かチョコレートの話しになりました。
何故そのような話題になったのか、
未だに謎ですけど。

チョコレートに詳しくは無いですが、
何故か海外の高級チョコは美味しいと感じます。
逆に海外でも、安いのは美味しく無い。

見た目で騙されるようなウブでも無いし、
となると、
本当に味が異なるんだろうなと思ってました。

さて、大半の食べ物は、
日本のお店が一番美味しいと思います。
何より素材の味を前面に出した日本本来の思想や、
それらを重んじる料理法が、
日本食を筆頭に、
世界で戦える料理にしていると思う。

でもチョコは違う。
何故だろうか。

何故なら、
チョコのベースになるカカオ豆。
海外での人気が高く、
そもそも高級なカカオ豆は日本の商社が手に入れられない。

そうすると、
おのずと二番手、三番手のカカオ豆を仕入れるので、
日本国内の入って来るカカオ豆は、
どうしても味が落ちるということらしい。

そしてその反面で、
ヨーロッパ辺りで流通する高級カカオは、
いわゆる高級お菓子メーカーが引き取り、
美味しいチョコとなって日本にも輸入されると、
そんなことらしいです。

そんな訳でわが日本の企業は、
美味しいカカオ豆をゲットしようと、
現地で農業指導を行いながら、
一生懸命に頑張っているそうです。

今後、少しずつかもしれませんが、
日本にも美味しいカカオ豆が入ってきて、
国産の美味しいチョコが出回ることでしょう。

ただ1つ思うのは、
手作りチョコは美味しいですよね。
手作りチョコにハズレは無くて、
それは不思議。




Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 15:48│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。