› 田舎のITコンサル社長ブログ › 混沌としたものの正体

2009年12月22日

混沌としたものの正体

夜は宇都宮ベンチャーズクラブの交流会に参加。

生まれも育ちも宇都宮でありながら、
今は小山市に住んでいる私としては、
懐かしい顔を沢山拝見できる貴重な場である。

今回のメインは、
ラポールグループの渡辺会長をお迎えしての、
独自の経営理念を持つ「渡辺流」の質問会。

20年以上前に、当時20代で起業した渡辺会長。
つまり起業ブームの遥か昔、
先駆けの更に先を走る大先輩です。

書き留めたキーワードは3つ。

組織の質や規模を示して
「小さな強者を作る」


ビジネスモデルを示して
「オールドビジネスをニュービジネスへ」


成長企業を示して
「クールヘッドとウォームハート」


新聞でもテレビでも不景気感をあおりますが、
そんな中でも成長企業がたくさんあります。

業種で偏ることなく、
あらゆる業種で伸びているところは伸びている。
同じ業種でも、
ダメなところは当然ダメ。

その差に法則性を感じていて、
感覚的には掴んでいるんだけど、
具体的に策とするところまでは落とし込めなかった。

その部分を単純明快にご説明を頂き、
ここ1~2年ぐらいで抱いた疑問が全て解決。
非常に、爽快な場となりました。

渡辺会長、ありがとうございました。




Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 11:13│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。