› 田舎IT社長ブログ › 数十年に一度が数年置きに来る時代

2019年10月13日

数十年に一度が数年置きに来る時代

おはようございます
田舎IT社長オオキです

台風19号の被害に遭われた方へ
心よりお見舞い申し上げます

全国各地で
多くの被害が報告されています
1日でも早く
平穏な日々を取り戻されること
願っております

さてさて

夜中の大風で
事務所の2階の窓ガラスは
割れてもおかしくない
そんな状態でした

今朝になって見に来ると
ありがたいことに無事で

損害らしいものも
見当たりませんでした

社員さん達からも
無事の一報が入り
安堵してます

一方で
地元の小山市では
渡良瀬川から近い
白鳳大学など
被害が出ている模様

あと宇都宮では
宇都宮駅の西側にある
宮の橋のあたりで
被害が出ている模様

数十年に一度が数年置きに来る時代


こういう「何十年に一度」が
数年おきに続くようになると
話しは別です

川沿いや
低い土地に住むということを
あらためて考え直す
そんなタイミングなのかもしれない

リバーサイドの高層マンションで
上層階に住めば直接の被害は
逃れたとしても
下が水没していたら
しばらく買い出しに困るとか

ますます
災害の意識を強く持ち
何に備えるかと共に
何処に住むのかも
意識していかなければならない

そういう時代なのかな

午後はこれから
宇都宮市にある
実家の方を見てきます

それでは本日も
宜しくお願いします




Posted by 田舎IT社長 at 07:00│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。