› 田舎IT社長ブログ › ドラゴンクエストウォーク

2019年09月17日

ドラゴンクエストウォーク

おはようございます
田舎IT社長オオキです

少し前に
「ポケモンGO」が流行りました

実は「ポケモンGO」
今でも流行っていて
40代、50代前後のサラリーマンを虜に
健康促進に寄与しています

そして先週から
「ドラゴンクエストウォーク」がリリース
既に使った方も居るのでは
ないでしょうか?

ドラゴンクエストウォーク


話題のネタで
私も入れてみました

まずBGMを聞くと
ファミコンで流行していた幼少期を
ふと思い出します

さてさて

引き続き
「ドラゴンクエストウォーク」の話しです

「何だよ!(怒)」
「遊びネタかよ?」と
お叱りが聞こえてくるようです

もうちょい読んでから
その辺は
判断してくださいな

使い込んでいないので
あまり提供出来るネタも無いですが
狙ってるなと思ったことを1点

日曜日、消費税増税の絡みで
商品リストを持参し
道の駅、数か所を訪問しました

その際に、何処の道の駅でも
巨大な敵を数名で協力して倒す
「討伐」が同時刻に行われました

もちろんゲームアプリなので
リアルに巨大な敵は居ませんが
「ドラゴンクエストウォーク」の画面には
敷地内に巨大な敵が居て
プレイヤーが協力して討伐出来る

どれほどのプレイヤーが
この為に道の駅に居たのか分かりませんが
討伐には時間が掛かるので
そこそこ疲労感もあります

討伐が終わると
「ふぅー」と一息
そんな感じ

道の駅に訪問した際
事務所で中の人が
「今日はお客様が多いですね」
なんて会話を

もしかしたら
「ドラゴンクエストウォーク」のイベントが
関係しているのかと
思ってみたり

もちろん
これは憶測です
エビデンスは無い

でも今後
利用者が増えていけば

また
こういうことが繰り返されていけば
自然と真実が見えてきます

この辺は
「ドラゴンクエストウォーク」側も
「ポケモンGO」の良いところを
利用するのは当たり前

運営側というか
マーケティング側としては
今後もイベント等を上手に利用し

「ドラゴンクエストウォーク」が
賑わいを誘発するというのを
世の中に印象付けていく
そんな流れになるものと思います

一方で我々経営者側は
休みの日とか深夜に徘徊する人が
また増えてくるとして

どんなサービスが求められるか
そんなところを考えます
ビジネスの種(シード)を創造する勉強

「ドラゴンクエストウォーク」という
リバイバル的なキャラクターなので
30代、40代、50代ぐらいかな
中心となってこれらを使う

例えば
目が疲れるから
目薬、目に良い食べ物
目に良い飲み物
この辺は消費が増えそう

例えば
同じ意味で
首や肩もコルので
マッサージ屋さんとか潤いそう

それこそ「ドラゴンクエストウォーク」
専用の靴は、どうなのかな?

アンチエイジング
健康増進ってのが前面に出れば
遊んでいるオタクではなく
健康に気を使ってる人
周囲の見る目が変わる

フラッシュアイデアはここまでで
ここから先が面白いけど
それはまたの機会に

機会がありましたら
人を集めてコーディネータ入れて
ブレストとかやりたいですね

それでは仕事に戻ります
本日も宜しくお願いします




Posted by 田舎IT社長 at 07:00│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。