› 田舎IT社長ブログ › 2021年問題

2019年08月30日

2021年問題

おはようございます
田舎IT社長オオキです

昨晩の送別会
大盛り上がりで
終わることが出来ました

2021年問題

2021年問題

恐竜図鑑のプレゼントも
とても喜んで頂けました
大成功でした

2021年問題

2件目は
ドイツビールのお店で
若いのが集まって
ワイワイガヤガヤ

クリスマスに女の子と
六本木で呑んだのに
そのまま駅に送っただけ

それを聞いた周囲から
「意気地なし」と
声が上がったり

誰が可愛いとか
誰と誰がくっついて
誰と誰が分かれたとか

「えぇ~?」
「それショック」
とかとか

若い時ってこんなもんだと
ちょっと微笑ましいし
懐かしくもある


さてさて

2021年とか
2022年問題

何かというと
景気後退の話し

その昔
サブプライムローン問題
リーマンショック
そんなのがあった

対岸の火事に
もろ影響を受けた

対岸は対岸なんだけど
所詮、地球は地続き
それを痛感させる出来事

そんな時から国として
沢山のお金をこれでもかと
次ぎこんできた

そして
ちょっと景気が回復気味で
オリンピック招致が決まってからも
沢山のお金をこれでもかと
次ぎ込んできた

ところが
税金を次ぎ込んだ分
その分だけはお金が廻るけど
思ったより景気回復には至らず

この景気観で増税され
税金を次ぎ込み続け
オリンピックイヤーを迎える

世界的に恥をかかないためにも
オリンピックが終わるまでは
元気な日本であり続ける

そんな必要がある
ある意味
ジャパンプライドだ

そして
選手村を作ったり
競技施設を作ったり
そんな公共投資が終わった後

日本国として
何かに多額の税金を
次ぎ込むのだろうか
そういうモノがあるのだろうか

そう考えると
税金を投入して
お金が回っているように
見せかけるものが見えない

若い経営者は別に
サブプライムローンとか
リーマンショックと呼ばれる
不景気の波を越えた
年配の経営者

私も含め
2021年とか
2022年から先
ここに恐怖がある

取り越し苦労で
何も起こらないかもしれないし
思いもよらぬ
大きなことが起こるかもしれない

ともあれ
その時に向けて
数年を掛けて準備してきた
「仕込み」みたいなもの

時代が
もし悪い方に向った時は
経営力の差が出ると思う

ここまで何もしてないなら
今更感を感じなくもないけど
指針とするなら3つかな

1)力を付ける
時代という荒波に
翻弄されない強い自分に
まず自身に力を付けよう

2)質の良い情報
情報を沢山入れて
正しい情報、誤った情報
選別できるようにしよう

3)質の良い仲間
景気観に翻弄されない
もしくは翻弄されても
呑みこまれない
そんな仲間と繋がろう


煽ったような投稿で
申し訳ないとは思わない

オブラートに包むことも
見せないことも可能だけど
見てくれている人が
少なからず居る

見てくれている人は
私の仲間です

そういう仲間に
今の思想をお裾分け

それでは仕事に戻ります
本日も宜しくお願いします




Posted by 田舎IT社長 at 07:00│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。