› 田舎IT社長ブログ › 月末作業とか月次処理

2019年07月30日

月末作業とか月次処理

おはようございます
田舎IT社長オオキです

今日は
月末作業とか
月次処理について


読んで字のごとく
月に1度のターンで行う処理を指します

大抵は
20日締め
25日締め
月末締め
この3種類です

月次処理


売ったものの
請求を行うであるとか
逆に買ったものの
支払を行うであるとか

もちろん
社員の給与支払いも
ここに含まれる作業です

給与支払いをするってことは
給与計算を行う必要があります

弊社の場合
7月31日に支払なので
振込予約のリミットは前日の7月30日
給与計算のリミットは前々日の7月29日

そして月末、月初めは
上記でも書いた通り
請求業務も入ってきます

何処の会社も
大きな違いは無いため
月末、月初めは
総務部門が大忙しになります

さて
いわゆる総務部門で想うのは
評価がされにくいということ

請求業務にしても
給与計算にしても
間違うことが許されません

これだけ大きな金額を扱うのに
何故、感謝されないのか?
それは
運用業務だからです


突発的な業務は
分からないことだらけで
良く頑張ったと
出来た時の評価も分かりやすい

一方で
サイクルで廻す運用業務では
淡々と回していくために
出来て当たり前と捉えられがちで
出来た時の評価が分かりにくい

会社の中で
総務部門や、運用部門は
売上を生み出す訳ではないので
なかなか光が当たりません

売上には見えにくいですが
会社の屋台骨ですので
しっかり評価する


光が当たらない場所こそ大切
そういう部門に対し
意図的に光を当て称える


そういう意識は
とても大切




Posted by 田舎IT社長 at 07:00│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。