› 田舎のITコンサル社長ブログ › 第6回グリーンイメージ国際環境映像祭

2019年02月22日

第6回グリーンイメージ国際環境映像祭

第6回グリーンイメージ国際環境映像祭
世界48の国と地域から163作品の応募があり
その中から2度の審査で選ばれたグリーンイメージ賞10作品が
2019年2月22日から24日まで、
日比谷図書文化館コンベンションホールにて上映。



簡単には、環境をキーワードに、
アニメーションからドキュメンタリーまで、
ジャンルを越えた世界の優れた映像作品を上映する、
年に1度のフェスティバル。

グリーンイメージ国際環境映像祭
https://green-image.jp/

今後は、アフリカの世紀になっていくと
ますます強く感じた時間。

例えばアフリカの小学生は、
まだまだ学校に通えないと思いがちですが、
すでに小学一年生として学校に通える子が、
9割に達してる。

そして印象に残ったのは、
経済成長が著しいアセアンでさえ、
すでに人口の減少が始まっていて、
大陸という大きな枠で捉えると、
唯一増加しているのがアフリカ大陸という事実。

今後、アフリカがますます活気づき、
世界をリードしていくという流れも、
他人事では無くなっていくと感じる。

特にアフリカは、インドと親和性が高いので、
そこからアセアンを通じて、日本へも。
アフリカからたくさんの人が日本に来る、
そんな時代もそう遠くないかなと。

一方で、アフリカはまだまだ病気が多い。
ワクチンなど医療面での弱さもあり、
日本として応援できることもある。




Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 18:00│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。