› 田舎のITコンサル社長ブログ › 2018年の年賀状デザイン

2017年12月12日

2018年の年賀状デザイン

2018年の年賀状デザインが上がってきました。

今年は女性のデザイナーさんへお願いしたこともあってか、
これまでとはちょっと違った感じに仕上がってます。

現物は、
予約投稿で年明けの2018年1月1日に見られるようにします。
興味がある方がいらっしゃいましたら覗いてみてください。
そんな奇特な方は、そうそう居ないと思いますけどね。

乞うご期待!

今や携帯電話の普及が、
そのまま年賀状離れに拍車を掛けています。
EメールやSNSなどのメッセージツールは、
年賀状よりもコストも手間も少なく手軽。

そんな年賀状ですが、
年賀状のルーツはどうなっているのか気になり調べてみました。

年賀状は、1,200年から1,300年を超える歴史がある。
年賀状が誕生したのは、郵便の仕組みが出来た明治時代。
でも原型は、平安時代(794年~)や奈良時代(710年~)とも。
宮中(皇居の中)で、貴族の皆さんが
新年の挨拶を文章にしたため交わしたのが始まり。

そんな昔から続く仕組みだったとは、驚きました。

さて、今年も残すところ僅かです。
1,200年から1,300年も続く歴史に想いを馳せながら、
これから毎日少しずつでも時間を作って、
宛名書きに勤しみたいと思います。

年賀状を書かれる皆さん、一緒に頑張りましょう。




Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 23:59│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。