› 田舎のITコンサル社長ブログ › 地域活性化 › 催事 栃木県農業試験場 公開デー

2015年08月01日

催事 栃木県農業試験場 公開デー

宇都宮市にある、栃木県農業試験場では、年1回のイベントとして公開デーを設けています。
昨年に引き続き、その公開デーで催事をさせて頂きました。

栃木県農業試験場ロケットウェブ20150801-2
宇都宮市のゆるきゃらの1つ、ミヤリーも参加。
市の花であるサツキの冠をかぶった妖精をモチーフとし、宇都宮の「ミヤ」と妖精フェアリーから「ミヤリー」と名づけられたそうです。

昨年と同じように売るだけでは、面白みに欠けます。
迷いに迷い、今年は五感の1つである「香り」を取り入れてみました。
ご存じ、人の感覚を5つに分類し、五感と呼びますよね。
具体的には、「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」です。

例えば、弊社のようなソフトウェア開発をメインにした企業では、ほぼほぼ「視覚」「聴覚」でしか仕事をしません。
ちなみに、「触覚」は、スマホなどではバイブレーション機能などありますので、ありきたりで興味に欠けます。
そんなこともあり、無いモノねだりかもしれませんが、日頃から特に「味覚」と「嗅覚」には興味がありました。

お手伝いいただいたのは、宇都宮市にあるアートスさん。
小売りやホテルなどの店舗内に香りを噴霧し、ブランドを作り上げたり、働く人のモチベーションを高めたり、購買意欲をそそったりと、そんなお仕事をされています。
今回の催事に、欲しかった仕組みです。

右端が、アートスの鈴木社長です。
当日は、キウイフルーツの香りをメインに噴霧していただくこともあり、キウイフルーツをイメージした緑のエプロンをご準備いただいたそうです。流石ですね。
栃木県農業試験場ロケットウェブ20150801-1

ところが、あまりの炎天下で来場者も少なく、また台風が近づいているそうで、ときおり強い風が吹いています。
とてもやりにくかったことと思います。
アスファルトの照り返しも、凄かったです。

栃木県農業試験場ロケットウェブ20150801-3

炎天下で噴霧が遠くまで飛びにくい時、風が強く思う方向へ噴霧できない時、焼きそば屋さんなど強烈な香りが漂った時、色々と試行錯誤するところはあると思います。
それでも、香りによって明らかに人の集客は増えていると感じました。
視覚や聴覚のみならず、嗅覚でも人の興味を引き付けられるということですね。

炎天下の中、アートスの鈴木社長にまでマネキンのお手伝いをしていただきました。
お綺麗な鈴木社長によって、販売個数も増えました。
「嗅覚」のみならず、「視覚」もご提供いただき、ありがとうございました。

弊社としては、ITから食という、ある意味、真逆なところを進んでおります。
ただ、全てはお客様の笑顔のためです。
これからも大胆に模索しながら、お客様の笑顔をより多く引き出せるよう、尽力して参ります。

会場をご提供いただいた、栃木県農業試験場の皆様。
香りによる販売促進にご協力いただいた、アートス様。
ブースを使わせていただいた、丸商様。
そして、この炎天下にも関わらずご来場いただきました皆様、大変にありがとうございました。



同じカテゴリー(地域活性化)の記事画像
宇都宮大学「起業の実際と理論」でメンターのご依頼
ビデオの編集
うつのみや Startup Cafe
高ければ高い壁の方が
第一回とちぎんStartupDojo DemoDay
とちぎんStartupDojo Day1
同じカテゴリー(地域活性化)の記事
 宇都宮大学「起業の実際と理論」でメンターのご依頼 (2018-01-11 01:42)
 ビデオの編集 (2017-10-23 23:59)
 うつのみや Startup Cafe (2017-09-27 23:18)
 高ければ高い壁の方が (2017-09-05 23:59)
 第一回とちぎんStartupDojo DemoDay (2017-07-29 18:00)
 とちぎんStartupDojo Day1 (2017-02-19 17:10)

Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 23:59│Comments(0)地域活性化
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。