› 田舎のITコンサル社長ブログ › ソフトウェア › サーバ室の温度監視をしよう(3)

2015年03月27日

サーバ室の温度監視をしよう(3)

サーバ室の温度監視リクエストを頂きました件です。
ストロベリーリナックスのUSB温度・湿度計モジュール
52002と52070が組み合わせで購入しました。

1つ前の記事はこちら



さて、サーバールームの温度監視、何度が適切なんでしょう。
各社が何度の設定にしているのかってのは、なかなか表に出てきません。
何故なら諸説あり、明確な推奨ってしにくいと思います。
かくいう私も、適切なところが何処なのか知りません。

こういう場合は、IIJやら@東京など大手さんが、どういう運用をしているのか、参考にすると良いですね。
但し、教えていただけるのかは謎です。
また万全な設定になっているはずですが、中小企業においてそこまで冷やすことが必要なのかというところも議論の余地があります。

もう一つの手としては、いわゆる○○学会やら、○○協会なんてところの公開された情報を使うのも手です。
○○学会がこのように発表してますっていうと、信頼感があり、一般的なウケも良いです。
例えば以下など。

2011年に米国の暖房冷凍空調学会で策定された指標
(ASHRAE 2011 Thermal Guidelines)
http://ecoinfo.cnrs.fr/IMG/pdf/ashrae_2011_thermal_guidelines_data_center.pdf

要約すると以下です。
サーバルームの推奨温度:18℃~27℃
許容温度:15~32℃
また、サーバルームに無停電電源装置が置かれている場合、
25℃以上では鉛バッテリーの寿命が短くなる


ご自身の会社は、現在サーバールームの室温は何度なのか。
実情に照らし合わせながら、臨機応変に調整してみてください。

今回は、閾値28℃、監視間隔5分にしてみました。
設置は終わりましたが、運用はこれからです。

理想と現実の狭間で、様子を見ながら調整していきます。




同じカテゴリー(ソフトウェア)の記事画像
サーバ室の温度監視をしよう(2)
サーバ室の温度監視をしよう(1)
XPおよびMicrosoftOffice2003サポート終了
同じカテゴリー(ソフトウェア)の記事
 サーバ室の温度監視をしよう(2) (2015-03-27 10:52)
 サーバ室の温度監視をしよう(1) (2015-03-27 10:49)
 XPおよびMicrosoftOffice2003サポート終了 (2013-12-22 18:45)

Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 10:55│Comments(0)ソフトウェア
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。