› 田舎のITコンサル社長ブログ › 経営 › 外部組織での立ち位置を考える

2014年08月10日

外部組織での立ち位置を考える

ちょっと仕事寄りの思想で書いてみます。
プライベートではないので、ご理解ください。

さて、世の中には組織がたくさんあります。
倫理法人会や、商工会議所、法人会、異業種交流会などなど。

起業したばかりの頃は、
「参加すれば仕事が貰えるかも」と、
やたら参加していたように思います。

そして、
実際に仕事を得ているのは営業に長けている方で、
そうじゃないと仕事が取れない
ことを知ります。




そういう経験を何度かしてみて、
同じ会であっても自身の立ち位置が、
とても大切
であることを知ります。

簡単にいうと、「中心者」なのか、
「中心者を支える役目」なのか、
「お客様」なのか
です。

ビジネス的に捉えた場合、
「その組織を利用しようと考えたら、早く中心者を経験し、早く退く」ことが正しい
ようです。

早く経験する意味ですが、
おぼつかないうちに体験することで、
実りある経験にもなるし、
何よりフォローして貰いやすい
ようです。

これが、熟練経験者になってみなさいな。
出来るのが当たり前って捉えられて、
あまりフォローに回ってくれなくなる
ようです。
なので、はやくてっぺんを経験しちゃうことが正しいように思います。

次に早く退くことですが、
中心者のうちは多忙なので、
仕事を貰っても逆に忙しすぎてどうしようもなくなります。

なので、中心者のうちは種まきと割り切って、
退いた後にお仕事を集めるというやり方がスマート
であると思います。
これらは、もちろん忙しい組織を例にしております。
なので、中心者でも暇ならば、中心者で居続けても問題ありません。

ともかく、色々な団体があります。
ご自身の事業やプライベートにマイナスにならない範囲で、
ご自身の成長を促す道具として、
有効に活用
していただければと思います。



同じカテゴリー(経営)の記事画像
宇都宮大学「起業の実際と理論」でメンターのご依頼
第一回とちぎんStartupDojo 個別メンタリングDay
個別メンタリング
創業支援相談窓口業務(2016年6月24日)
愛嬌が大切である
同じカテゴリー(経営)の記事
 宇都宮大学「起業の実際と理論」でメンターのご依頼 (2018-01-11 01:42)
 第一回とちぎんStartupDojo 個別メンタリングDay (2017-07-08 23:18)
 個別メンタリング (2017-06-18 23:18)
 創業支援相談窓口業務(2016年6月24日) (2016-06-24 23:58)
 愛嬌が大切である (2014-08-11 00:52)
 ライブドア堀江社長 (2006-01-24 10:26)

Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 23:59│Comments(0)経営
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。