› 田舎のITコンサル社長ブログ › セミナー講師 › 小山市で勝手にビジネスモデルジェネレーション

2013年05月13日

小山市で勝手にビジネスモデルジェネレーション

土曜日(2013年5月11日)に小山市工業振興課主催で、BMG(ビジネスモデルジェネレーション)を活用した、「ビジネスモデル構築のためのワークショップ」を開催しました。

「BMG(ビジネスモデルジェネレーション)」は、イラストも多く見ているだけでも楽しい本ですが、実際に読み込むとなるとなかなか難しい。
その為、ワークショップ形式での学びが効果的。

県内では、宇都宮市や真岡市、下野市など市外から。
また県外では都内からご参加いただくなど、小山市の優れた「地の利」を実感すると共に、SNSを筆頭としたインターネットの拡散性に、あらためて関心しました。


(1)自己紹介
自己紹介はサラッと終わりにして、アイスブレークは、某予備校講師ネタを使ってみました。
「学ぶのは今でしょう!!」ネタは恥ずかしいので載せません。





(2)ビジネスモデルジェネレーション日本語和訳版
こちらを活用し、概要を共有します。





(3)エンパシーマップ
普段から、何を話し、何を考え、何を聞き、何を見ているのか。また、何に苦しみ、その苦しみはどうやると解決できるのか。
そこまで落とし込み、ニーズを探っていきます。





(4)ビジネスモデルキャンパス
ニーズやシーズ、ユーザの喜び、それに対する対価、初期費用やランニングコスト、9つのブロックが連動することで、1枚のシート上でビジネスモデルが可視化される。





テーマは「小山市中心市街地活性化」
右脳と左脳を上手に使ってイメージをしやすいように、写真で、小山市の街中、駅前、川や農村、小山市のキャラクターなど、
参加者の皆でシェアしました。


(5)発表
同じテーマで他のチームがどういうアイデアなのか、似ているところもあれば、全く思いつかないアイデアが潜んでいる。
それを共有するところが楽しみの1つでもあります。





(6)補足事項
顧客セグメントを絞ったところで、その妥当性が完璧では無いこと。
例えば、縫いぐるみが2つあって、どっちが売れるのかなんて考えても、男性だけのグループで、データが無いと女子高生のニーズは掴めない。
なので、そこはアンケートなど幾つかの検証ステップが必要。





(7)記念撮影
エンパシーマップと、ビジネスモデルキャンバスを持って、参加者の皆さんと記念撮影。
こういうワークの数をこなしていくことで、自然とビジネスモデルの構築手法が身につきます。




これで終わることなく、参加者の皆さんには今後とも活用していただき、ご自身のビジネスに役立てていただきたいものです。

参加者の皆様、大変にありがとうございました。
今後とも共に、成長の日々を積み重ねて参りましょう。



同じカテゴリー(セミナー講師)の記事画像
iDEA→NEXT 2018 ギャザリング実施
とちぎんStartup Dojo
栃木銀行 ビジネスプランコンテスト 公開プレゼン
雇用対策セミナー 2016年8月 in 栃木県宇都宮市
スリーアクト LINE@セミナー 2016年8月 in 宇都宮
平成27年度 宇都宮市起業家発掘事業(3)
同じカテゴリー(セミナー講師)の記事
 iDEA→NEXT 2018 ギャザリング実施 (2018-02-12 23:59)
 とちぎんStartup Dojo (2016-11-01 23:59)
 栃木銀行 ビジネスプランコンテスト 公開プレゼン (2016-10-20 23:59)
 雇用対策セミナー 2016年8月 in 栃木県宇都宮市 (2016-08-26 23:18)
 スリーアクト LINE@セミナー 2016年8月 in 宇都宮 (2016-08-20 23:50)
 平成27年度 宇都宮市起業家発掘事業(3) (2015-11-19 23:59)

Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 22:13│Comments(0)セミナー講師
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。