› 田舎のITコンサル社長ブログ › コンテンツとアプリその他 › Google Analytics で検索キーワード確認方法

2013年04月22日

Google Analytics で検索キーワード確認方法

ホームページやブログを活用して商売をしようとすると、
避けて通れないツールの1つに、アクセス解析ツールがあります。

もちろん趣味で利用するサイトにおいても、
どんなキーワードでサイトを訪れているか分かると、
訪問者が何に興味を持っているか分かるので、
記事の方向性を判断する材料になります。

いつ: 2013年4月22日 16:00 
どこから: 栃木県宇都宮市
誰が: ○○.co.jp
どんなキーワードで: 栃木県 ITコンサルタント
どのページに: http://e157.dgblog.dreamgate.gr.jp/
どれぐらいの時間: 01:45

もちろん、それぞれのアクセス解析ツールにおいて、
機能や仕様はまちまちです。
システム屋さんともなると、以下も注目します。

ブラウザの種類やバージョン: Chorome
OSやバージョン: Windows 7

また最近では、
パソコンからアクセスされたのか、
スマートフォンからアクセスされたのか、
そんなところも動向をチェックします。

アクセス解析ツールは、
有料ツールも無料ツールも沢山あります。
機能豊富なのは、Googleで提供されている、
Google Analytics(グーグルアナリティクス)になります。

機能が豊富ゆえに、迷うところもあるかと思いますが、
まずは限られた機能から使い始めて、
少しずつ学びながら使える機能を知るという方法が、
分かりやすいかと思います。

Google Analytics で多い問合せに、
「サイトがどういうキーワードで検索されているか分からない」
というものがあります。
日々のアクセス数や滞在時間、地域情報は簡単に閲覧できるのですが、
検索キーワードについては、ちょっと深いところにあり分かりにくい。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)で、
サイトの検索キーワードを知るには以下の操作が必要です。



[標準レポート] [トラフィック] [参照元] [検索] [オーガニック検索]

対面販売のお店であれば、
ご訪問の際に車の車種やナンバープレートの都道府県名、見た目の年齢、
対面の会話によって求めることがつかめるところもあるかと思います。
しかしインターネットはSNSでも無い限り相手の姿が見えにくいものです。

見えないのだから仕方ないと、品揃えやサービスを放置するのではなく、
少しでもお客様を知ることで、より良い品揃えやサービスの提供を、
日々工夫していきたい
ものですね。

何らか参考になれば幸いです。



同じカテゴリー(コンテンツとアプリその他)の記事画像
スマホアプリで無党派層へリーチ
「EvernoteとDropboxの活用法」勉強会
Google Reader サービス終了通知
Googleカレンダーをホームページに貼り付ける方法
インターネットを安全に使うためのアドバイス
同じカテゴリー(コンテンツとアプリその他)の記事
 スマホアプリで無党派層へリーチ (2013-06-27 16:08)
 「EvernoteとDropboxの活用法」勉強会 (2013-04-18 23:59)
 Google Reader サービス終了通知 (2013-03-20 23:28)
 Googleカレンダーをホームページに貼り付ける方法 (2013-03-04 08:00)
 インターネットを安全に使うためのアドバイス (2012-05-17 23:56)
 IE7とIE8で小さく表示される記号がある (2012-05-03 02:56)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。