› 田舎のITコンサル社長ブログ › OS › Windows8 のアプリ設定項目

2013年03月19日

Windows8 のアプリ設定項目

Windows8 の出荷台数が増えてきてます。
それに付随するように windows8 へ対応するアプリも増えており、
業務用アプリも含め、ますます増えることでしょう。



ここでは、Windows8 のアプリ開発を行おうとする方を対象に、
Windows8 アプリケーションのビルドに必要な項目をまとめます。
[]の中はサンプルです。

アプリ設定 (Windows 8)

アプリケーション設定

・アプリGUID
(初回ビルド時に自動決定)

・アプリ表示名:
[ハイパーモグラ叩き]

・パッケージ表示名:
[ハイパーモグラ叩き]

・短い名前:
[HPモグラ叩き]

・名前の表示:
[何れか1つ選択(すべてのロゴ、ロゴなし、標準ロゴのみ、ワイドロゴのみ)]

・バージョン:
[1.1.0.0]

・説明:
[あの「パワーモグラ叩き」から半年。遂にスケールも機能も大きくパワーアップした「ハイパワーモグラ叩き」が登場。このアプリ抜きにもぐら叩きは語れない・・・。]

・発行者表示名:
[路毛戸宇絵部]

・アプリ背景色:
[#FFFFFF]

・アプリ前景テキスト:
[何れか1つ選択(濃色、淡色)]

アプリロゴ
・PNG形式の画像(150x150)
・PNG形式の画像(50x50)
・PNG形式の画像(30x30)
サイズが大きい場合は、自動的に縮小。

ワイドロゴ(タイル用)
・PNG形式の画像(310x150)
サイズが大きい場合は、自動的に縮小。

スプラッシュ
・PNG形式の画像(620x300)
サイズが大きい場合は、自動的に縮小。



同じカテゴリー(OS)の記事
 WindowsXPからWindows7へのデータ移行 (2010-03-06 20:28)

Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 06:00│Comments(0)OS
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。