› 田舎のITコンサル社長ブログ › その他 › 起業家、経営者ブログについて(2)

2013年01月23日

起業家、経営者ブログについて(2)

前回に引き続き、
起業家、経営者ブログについてです。



前回は、ブログを届ける対象、
それぞれの特性や効果を具体的に掲げ、
貴方の言葉を届けたい対象を明確にすることで、
ブログへ執筆する内容が具体的になる話しをしました。

今回は、
「ブログを書き続ける上で陥る罠」についてです。

ブログの執筆を続けていると、
少なからず人の反応が欲しくなります。
人間のサガみたいなものですね。

それは書き込まれるコメントだったり、
リアルでお逢いした方からの声掛けであったり、
また見えないところではアクセス解析であったり。

そこで陥りやすい罠として、
いわゆるアクセス数稼ぎに走ることで起こる、
バズワードの多用です。

その時々で旬な内容をタイトルにして、
本文でもそのことに触れる。
そうしますと、RSSなどで利用される
多くのブログ紹介サービスで、
タイトルや本文の最初が引用されるので、
アクセス数は稼ぎやすくなる。

しかし、
ブログへのアクセス数は増えるのですが、
本来の事業と異なる場合に、
本当にそれで良いのかと。


更に極端には、何で某社長は、
某アイドルグループのネタを執筆しているのか、
某お笑い芸人のことを執筆しているのか、
そんな話しになります。

もちろん、本当に良いものがあり、
運営しているブログの趣旨から脱線しない内容であれば、
そのバズワードもありです。
しかし、それも限度がありますので、
連日のようにバズワードを多用していると、
流石に人が離れてしまいます。

一度離れたファンを呼び戻すのは、
新規にファンを獲得するより、
100倍大変です。

ここは、とても大切なことです。

ブログのランキングサイトって世の中に沢山あります。
もちろん順位が高ければ気分が良いものではありますが、
それだけに惑わされることなく、
運用していっていただきたいと思います。


また、多くの紹介サイトでは、
更新情報の新しいものが上位に来る仕様です。
目に触れやすいのです。
理想は1日1回の更新、
最低でも週1回は更新したいですね。


それにしても、
ブログの執筆って大変ですよね。
皆さん、見て貰えるのは書いたその時だけって思ってませんか。
実は後から見て貰えるところにも魅力があります。
つまり頑張った分、後からご褒美があります。

続きの記事は以下です。
起業家、経営者ブログについて(3)

最初の記事は以下です。
起業家、経営者ブログについて(1)



同じカテゴリー(その他)の記事画像
この一歩
新入社員歓迎会
新年のご挨拶(2016年)
おいでよ!農業試験場(農業試験場公開デー)
目に見える範囲だけが世界の全てではない
“励まし”を送るアプリを開発
同じカテゴリー(その他)の記事
 この一歩 (2017-09-14 23:59)
 新入社員歓迎会 (2017-09-13 23:59)
 新年のご挨拶(2016年) (2016-01-01 00:00)
 茨城県及び栃木県の水害について (2015-09-14 23:59)
 おいでよ!農業試験場(農業試験場公開デー) (2014-08-22 20:31)
 目に見える範囲だけが世界の全てではない (2014-07-24 23:18)

Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 00:00│Comments(0)その他
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。