› 田舎のITコンサル社長ブログ › その他 › 起業家、経営者ブログについて(1)

2013年01月23日

起業家、経営者ブログについて(1)

いわゆる、
起業家ブログ、経営者ブログと呼ばれるものについてです。
ちょいと長くなったので、
5回に分けて掲載します。



まずは、
「ブログを書く意味」について整合です。

基本的に、
IPOが近づくと多くの経営者はブログを書かなくなります。
上場してしまえば、
その後は経営者のセンスだったり、企業理念に則り、
書き続ける方もいらっしゃれば、
余計なことを書いてしまうリスクを考え、
または、
別なところに注力するために執筆をされなくなると、
そんな風に考えています。

以下では、
IPOとは全く関係の無い世界を進んでいる、
いわゆる中小零細企業や個人事業主を対象として、
それらの起業家、経営者のブログ考察してみます。

まず、ブログを書く理由ですが、
純粋に、「会社や事業の売上を向上させるため」とします。

会社が小さくて、的も絞れていなかったりすると、
少しでも確率を上げるために、いろんなものに手を出したがります。
その1つに、ブログもあるのかと思います。
なので、本来はやるやらないは自由ですが、
ここでは、上記にも書きましたが、
「会社や事業の売上を向上させるため」
を目的に、話しを進めます。

以下の3つの対象者が考えられます。
・社員向け
・お客様向け
・ご自身向け


そのうち1つを対象としているブログもあれば、
2つ、3つと上手に含んでいるブログもあります。

「社員向け」とは、
トップダウン的に会社の方針を伝えたり、
また社員の頑張る姿を紹介するなどして
モチベーションを上げるために使われます。
つまり、社内での情報共有、意思伝達、
モチベーション向上の効果が考えられます。


「お客様向け」とは、
お取引のある企業や、個人客向けに、
もしくはまだ繋がりは無い御客様を待ち伏せて、
商品の紹介をしたり、
また商品を作る上での紆余曲折であったり、
社会貢献の姿を見せることで、
新たな共感を得て評価が上がったり、
購買意欲の向上などの効果が考えられます。


「ご自身向け」とは、
文字通り、執筆者が個人的に楽しむもの、
覚書き的な内容の日記的なものを指します。
極端には、
「自社コンテンツが寂しいので、社長ブログを書く」
そんな方もいます。
ステージが低い場合は、これもアリです。
執筆者が優秀なスピーカーの場合は、
この系統のブログでも効果がありますが、
大抵は、執筆者自身を知ってもらう効果しか得られません。


補足として記載しますが、
アフェリエイト的なブログは対象から除いておきます。
その業種の方はごめんなさい。

さて対象者が明確になり
すぐに書き始めたいところですが、
ちょっと待ってください。

ブログを書き始めた初心者が陥りやすい罠があります。

続きの記事は以下です。
起業家、経営者ブログについて(2)



同じカテゴリー(その他)の記事画像
この一歩
新入社員歓迎会
新年のご挨拶(2016年)
おいでよ!農業試験場(農業試験場公開デー)
目に見える範囲だけが世界の全てではない
“励まし”を送るアプリを開発
同じカテゴリー(その他)の記事
 この一歩 (2017-09-14 23:59)
 新入社員歓迎会 (2017-09-13 23:59)
 新年のご挨拶(2016年) (2016-01-01 00:00)
 茨城県及び栃木県の水害について (2015-09-14 23:59)
 おいでよ!農業試験場(農業試験場公開デー) (2014-08-22 20:31)
 目に見える範囲だけが世界の全てではない (2014-07-24 23:18)

Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 00:00│Comments(0)その他
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。