› 田舎のITコンサル社長ブログ › その他 › 冷えた4本のビール

2012年12月02日

冷えた4本のビール

先日、ちょっと面白い話しを聞きましたのでご紹介します。
出典は不明ですが、
ちょっとググった感じでは2005年以前の話しのようです。



渋谷区内に、とても流行っている酒屋さんと、
そうでもない酒屋さんがありました。
立地・品揃え・店舗の規模など、さほど変わらないのですが、
売上は数倍違うのです。
この違いはどこから生まれるのか?

夕方4時頃、ビール1ケースの注文が入ります。
余り流行っていない酒屋さんは、
倉庫からビールを1ケース出して、配達に行きます。
頼まれたものを頼まれた通りに届けます。

これは、事前期待=事後評価。
すなわち、当たり前です。
だから、このお店でどうしても買う理由はないですね。

流行っている酒屋さんも同様に
倉庫からビールを1ケース出してくるのですが、
4本だけ引き抜いて、
お店の冷蔵庫でキンキンに冷えているビール4本と入れ替えます。

夕方にビールの注文があるということは、
ご主人が帰ってくるのにビールを切らしてしまったとか、
急な来客があるのかとか、
あるいはお客さんがいてビールをきらしてしまったのか、
などが想像できます。

このようなことを想像して、それに合わせた対応をしてくれる。
頼んだ以上のことをしてくれる。

事前期待<事後評価です。
これは、感動しますから、ファンになります。

また、このお店で買おうと思いますよね。

これは一つの事例(実話)ですが、流行っている酒屋さんは、
一事が万事で、あらゆることを同じような発想で取り組んでいるのです。

このように買うべき理由がある会社は、
顧客に選ばれる会社になり、勝ち残る会社になります。


と、こんな内容です。

先日ご紹介した、
「起業家が減っている理由」の中でも、
既存で存在するビジネスの中でも、十分に戦えるものがたくさんあると、
そんな話しをしました。

買うべき理由は、そのお店や会社でまちまちです。
品質が良いとか、品揃えが豊富だとか、
価格が安いからとか、アフターフォローが万全であるとか、
そもそも知り合いだからとか。

自社の製品をご利用いただいている
お客様のことを思い浮かべながら、
選ばれている理由を考える良い機会となりました。



同じカテゴリー(その他)の記事画像
この一歩
新入社員歓迎会
新年のご挨拶(2016年)
おいでよ!農業試験場(農業試験場公開デー)
目に見える範囲だけが世界の全てではない
“励まし”を送るアプリを開発
同じカテゴリー(その他)の記事
 この一歩 (2017-09-14 23:59)
 新入社員歓迎会 (2017-09-13 23:59)
 新年のご挨拶(2016年) (2016-01-01 00:00)
 茨城県及び栃木県の水害について (2015-09-14 23:59)
 おいでよ!農業試験場(農業試験場公開デー) (2014-08-22 20:31)
 目に見える範囲だけが世界の全てではない (2014-07-24 23:18)

Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 22:21│Comments(0)その他
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。