› 田舎のITコンサル社長ブログ › その他 › 師匠(尊敬する人)を持つこと

2012年11月26日

師匠(尊敬する人)を持つこと

起業したことで、
多くの方と出逢うことが出来ました。

それは、私自身の肩書きによって、
お逢いするチャンスに恵まれることも、
少なからずあるかもしれません。

ただ個人的には、
人に逢うことを自ら求めるという、
そういう振る舞いをしているからこそだと、
そんな風に認識してます。

いろいろな方に出逢い、
様々なお話しをさせて頂く中で、
私自身が目標にしたいような方、
それらに、ほぼ共通するのは、
各々に師匠(尊敬する人)を持っていることです。

師匠を持つというのは、
何か特別なことではなく、
突飛なアイデアで世間を驚かせてきた「起業家」、
多くの人から尊敬される「宗教家」、
多くの経営者に経営とは何であるかを説いてきた「経営者」、
ストイックに目標を探求し続ける「アスリート」、
それこそ対象は千差万別です。

自分に無い何かを持ち合わせており、
そこに魅力を感じ、
少しでもその精神や生き方を学ぼうと、
先人の生き様や考え方へフォーカスを合わせて、
自らを高めようとすること。

目標とする対象者は、
名前を聞けば誰でも分かるような、
いわゆる有名人と呼ばれる方もいれば、
名前どころか職業まで聞いても、
全く分らない方もいます。

つまり、必ずしも有名人である必要はなく、
自分の上司であったり、
仕事で知り合った客先の方や、
学生時代の先輩でも良い。

進むべき目標がなく、
目標が見出せないことそれ自体を悩みとして、
そんな不安を抱え漂っている方と話しをする時は、
決まって、こんな話しをします。

皆さんは、
自身に気づきを与えてくれる大切な人、
尊敬すべき目標になる方はいますか?




同じカテゴリー(その他)の記事画像
この一歩
新入社員歓迎会
新年のご挨拶(2016年)
おいでよ!農業試験場(農業試験場公開デー)
目に見える範囲だけが世界の全てではない
“励まし”を送るアプリを開発
同じカテゴリー(その他)の記事
 この一歩 (2017-09-14 23:59)
 新入社員歓迎会 (2017-09-13 23:59)
 新年のご挨拶(2016年) (2016-01-01 00:00)
 茨城県及び栃木県の水害について (2015-09-14 23:59)
 おいでよ!農業試験場(農業試験場公開デー) (2014-08-22 20:31)
 目に見える範囲だけが世界の全てではない (2014-07-24 23:18)

Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 12:59│Comments(0)その他
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。