› 田舎IT社長ブログ › 2019年07月10日

2019年07月10日

事業規模と経営者の仕事

おはようございます。
田舎IT社長オオキです。

皆さんの会社、
もしくは皆さんの目指している会社の
事業規模はどのぐらいですか?


社内打ち合わせ


年商で表現する方もいらっしゃるでしょうし
従業員規模で表現する方もいらっしゃいます
尺度は人それぞれです。

さて、
事務処理が溜まっている話しをした際
ある経営者さんと事業規模の話しになりました。

具体的には、
経営者の本業以外の部分
例えば事務処理を誰が行うかって話しです。

ベンチャー企業なら、
成長重視なので、
事務処理部分は外部に委託するなり
事務員を雇って自社で行います。

金で解決できることは解決して、
それ以上の金を稼ぐという
当然のスタイルです。

一方で、
個人事業主や
中小零細企業となると
そうそう簡単にはいきません。

たいていは
事業主である
社長やら代表と呼ばれる方が行います。

もちろん
好きで事務処理を行うなら良いですが、
大きな事業にしようとするなら
この事務処理に取られる時間が
結構な足かせになります。

経営者が経営に専念できている
そういう企業の方が事業が安定してますし
大きくなる可能性も秘めてます。

皆さんの会社では、
事務処理は誰がされてますか?
もしご自身でされている場合は
いつ、どのタイミングで誰に依頼しますか?

目標を立てる際に
ご自身に経営に専念できるように
組織内の体制なども意識すると
より計画に現実味が出て、
達成しやすくなると思います。
  


Posted by 田舎IT社長 at 08:00Comments(0)