› 田舎IT社長ブログ › 2019年07月08日

2019年07月08日

一歩を踏み出せない人にお勧めの映画

おはようございます。
田舎IT社長オオキです。

某オンラインサロンで紹介されていた
映画「Diner ダイナー」を鑑賞してきました。


diner ダイナー


事前情報を何も入れずに鑑賞したこともあってか
始めは、ちんぷんかんぷんで、寝そうでしたが、
少しずつ作品の世界に引き込まれ、
最後は、涙ぐんでしまうほどでした。

場面に見合う音楽が絶妙だったのと、
デザインと映像美に、魅せられました。

アニメの映像美なら、
例えば、細田守監督が素晴らしいですが、
蜷川実花監督も、実写では負けてないです。
本質的なところをいうと、細田守監督は、
見せずに感情を揺さぶることが得意で、
胸の奥にあるキュンってのを揺さぶるとか。
対して、蜷川実花監督は見せないものを
ちゃんと見せる分かりやすさがあります。

恋愛なら、
ふるまいから、好きってのを感じろってやり方と、
真正面から、好きですと伝えることの違い。
そのぐらい表現の思想が異なる。

話しは戻って、映画「Diner ダイナー」です。
日々にモヤモヤしていて、
一歩を踏み出せない人に、
とてもおすすめな映画です。

映画の宣伝みたいになってしまって、
ごめんなさい。
でも、おすすめなんです。
  


Posted by 田舎IT社長 at 08:00Comments(0)