› 田舎IT社長ブログ › 2019年07月06日

2019年07月06日

夢の中で汗水垂らしている自分に謝りたい

おはようございます。
田舎IT社長、オオキです。

へこむことがあって、飲み友達を誘ってワインバルへ
たまたま出てきたボトルが、2005年製造。
実は2005年は弊社の創業年で、ちょっとビックリ。
「原点に立ち返って、また頑張れ」って学びかと、
前向きに捉えて進む、田舎IT社長です。

このブログは、
ドリームゲートで書かせていただいてることもあり
起業や経営をなるべく赤裸々に綴っています。

御覧になられている方に少しでも
起業や経営を肌で感じて頂ければと
そんな風に考えているからです。


しばらく足踏みしていたプロジェクトがあります。
これを仮にプロジェクトRとします。

実は昨年、一気に走っていくものと
心の底から信じていたプロジェクトが
このプロジェクトRです。

もちろん、良い訳するだけの理由があり、
完全に止まってしまいました。
そして「足りないのだから今はしょうがない」なんて
自分にそう言い聞かせて、落ち着いてました。
それが、プロジェクトRです。

実はここ2週間ぐらい、朝起きると
寝てる時の夢の内容を覚えていることが連続してた
大抵は、忘れているんです。
それが連日になるとちょっと怖い。

その夢というのは、
プロジェクトRが上手く行くように
様々な尽力をしている自分の姿でした。

営業活動

関連企業を訪問したり
製品開発で試行錯誤を繰り返している
とにかく一生懸命なんですよ。

何日かそれが続くうちに
何でこの夢を見るのか不思議に想うのと当時に
涙がこみ上げて来て、
自分自身に申し訳ないと思った。

というのも現実の自分は、
何だかんだと理由を付けて足踏みをしてた。
一方で、夢の中の自分は、
夢を叶えようと必死に頑張っている。

果たして、
どっちの自分が本当の自分なのか?
そして偽りなのか?
どっちの自分が、私は好きなんだろうか?
そして嫌いなんだろうか?


そんなの聞くまでも無いのです。
考える時間さえ惜しいのです。
プロジェクトRを進めたいのです。

ここで腹を決めて、
あらためてプロジェクトRを再始動します。
担当するエンジニアに空き時間を確認して
来週キックオフを入れます。

プロジェクトR
人生を賭けるに値する事業になるよう
今度こそ、全力で取り組もうと思います。

既存のお客様との絡みもあり、
何をどう折り合いをつけるか、
そこは無碍にできないので、
しっかり調整をしていこうと思います。
  


Posted by 田舎IT社長 at 08:00Comments(0)