› 田舎IT社長ブログ › 2019年07月02日

2019年07月02日

知人の創業相談

おはようございます。
田舎IT社長、オオキです。

お昼に利用する行きつけの飲食店は
タイ人の女性店員さんでいつもニコニコ。
数年頑張って、タイに戻れば大豪邸なんだろうな。
彼女達、本当は大変だろうけど、
ニコニコにして頑張る姿に癒されます
皆さんは、誰かを笑顔で癒してますか?

このブログは、
ドリームゲートで書かせていただいてることもあり
起業や経営をなるべく赤裸々に綴っています。

御覧になられている方に少しでも
起業や経営を肌で感じて頂ければと
そんな風に考えているからです。


しばらくお会いしていない知り合いから連絡があり
創業相談のリクエストがありました。
善は急げですので、週末に時間を作り会いました。

数年前
同じように創業相談を受けたことがあり
その当時、なかなか踏ん切りが付かず
幾つかのキーワードが頭の中にあったそうで
あらためてご相談をいただきました。

お食事しながら1時間ぐらい
終わってから2時間ぐらいかな。
たっぷり話しをして、たくさんメモを取られてました。

創業相談って、
時間が長ければ良いってことはありません。
常に相談者を見ながら工夫します。

沢山言われて
かえって混乱を招くこともあります。
沢山質問を抱えていることを前提に、
その質問、1つずつに回答していきます。

疑問がなくなり、不安がなくなり、
少しでも未確定な要素が減った方が
1歩を踏み出しやすい。

これは誰しも一緒ですね。
もちろん私自身も。
そして何より知人は、
やると決めてました。
なので、私は応援するだけです。

帰りに、お土産をいただいてしまいました。
ありがとうございました。
スタッフで分けたいと思います。
手土産

創業って生き方の1つだと思います。
ただし、誰でも成功する方法はありません。
「サラリーマンやOLの方が幸せ」かもしれないし、
「実は創業して大成功」ってこともあるかもしれない。

決めつけることなく、
生き方の1つとして創業がある
そんなイメージを持つと、
創業相談がもっと身近に
そして気軽になるかもしれませんね。
  


Posted by 田舎IT社長 at 08:00Comments(0)