› 栃木県ICTコンサル社長ブログ › 宇都宮ベンチャーズ

2017年12月07日

創業相談、経営相談

今年は例年以上のペースです。
それは、創業相談や経営相談の件数です。
年内は、仮予約であと3件。

11月中旬ぐらいから波が来ていて、概ね、週1件は面談での対応を行っています。
仕事だとしたら、こんなペースでは成り立ちませんが、これはあくまでボランティアです。
週1回、確実にボランティアをしているとしたら、結構なものです。

年の瀬に向けて、それぞれに考えることがあるのでしょうね。
年末や年度末は、ある種の区切りみたいなものですものね。

さて、もはやライフワークのように行っている、創業相談や経営相談ですが、行政が運営するインキュベーションオフィスの卒業企業であることが大きいのだと思います。
何かのセミナーで話しをして、聞きやすかったとか、分かりやすかった、そんなところからだと思います。
いつの間にやら、商工会やらのエキスパートバンクに登録されていて、そこからミラサポの専門家に登録され、今や何かといえば "メンター" という肩書を頂いてます。

この"メンタリング"で気を付けているのは、相談者ご本人の自発的な成長を促すことです。
ある種の解答をお伝えすることは出来るのですが、それをしてしまうと自ら解を出すことが出来ないままになってしまう。
喩えるなら、1+1の正解を教えるのではなく、1+1の解き方も併せて教える。
私のメンタリングは、自ら歩む力を身につけていただき、私は横に寄り添い伴走する、そんなイメージです。

さて皆さん、今年の反省と、来年の目標、少しずつまとめていかないとですね。
もちろん私も、皆さんと同様、何らか考えていきます。
アドバイスをどうぞ宜しく。
  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 23:59Comments(0)ボランティア宇都宮ベンチャーズ創業支援

2017年07月29日

第一回とちぎんStartupDojo DemoDay

約4か月間、メンターとなり陰で支援してきた
第一回とちぎんStartupDojo も、いよいよFinal
DemoDayを迎えました。
いわゆるベンチャーピッチとかピッチと呼ばれるものの
発表の場です。

TOCHIGINVenturePitch

第一回とちぎんStartupDojo開催前

発表者は、立場から何から千差万別です。
男性も女性もいるのは当然のこと、
経営者さんもOLさんもいるし、
出産を1週間後に控えた妊婦さんもいます。

初めからスムーズに作り上げた方も居れば、
半ば投げやりになりつつ書き換えて進めた方も居ます。
全員がここに到達したわけじゃなく、
途中で脱落したメンバーも居ます。

人生と、起業や経営、
1から考え直す良い機会になったんじゃないかな。
起業や経営は素晴らしいと思うけど、
万人にとって素晴らしいわけじゃないし、
私が知らないもっと素晴らしいものもまだまだあるはず。

つまり、ここに到達することが必ずしも正義じゃないし、
到達しないことが悪でもない。
そういうことを考える時間が持てたこと、
メンターとして皆さんと共に悩み、
苦しみ、最後は笑顔になって進む道を描けたことが
私にとっても財産です。

とちぎんStartupDojo集合写真

皆さんお一人お一人、
キラキラしてました、輝いてました。
とても素敵でした。

栃木銀行さん、01boosterさん
機会をいただきありがとうございました。


お疲れさまでした。
ありがとうございました。
  


2017年07月08日

第一回とちぎんStartupDojo 個別メンタリングDay

もう何回目か忘れてしまったけど、
第一回とちぎんStartupDojo 個別メンタリングDay
朝から宇都宮ベンチャーズです。

第一回とちぎんStartupDojo 個別メンタリングDay

いよいよ、ベンチャーピッチが近づいてきたこともあり
個別のメンタリングにも、自然と力が入ります。

01boosterからもエース級が来県。
ほんとありがたい。

それにしても、地銀の1つである栃木銀行が、
創業支援にここまで力を入れていることに頭が下がります。
栃木県内の銀行では、ダントツの力の入れ様ですよ。

メンターである我々も負けてはいられません。
昼食休憩は入れてますが、みっちり7時間、
計6組のメンタリングを行いました。

ほんと今日は、やり切った感があります。
  


2017年02月19日

とちぎんStartupDojo Day1

StartupDojo Day1。
栃木銀行と01Boosterのタッグ。



地元の銀行である、栃木銀行と、
都内のスタートアップ支援企業、01Booster。
メンターとして参加させて頂きました。



栃木県における、事業創造のお手伝いです。
  


2016年06月24日

創業支援相談窓口業務(2016年6月24日)

午前中は、客先での会議へ参加。
お昼に都内と飛び出し、新幹線で宇都宮へ。
宇都宮ベンチャーズにて、創業支援相談2件。

1件目は、事業計画やビジネスモデルの構築について、
まずは、やりたいことや、アイデア出しをブレストで。
最低でも、あと2回ぐらいやり取りしないとかな。

2件目は、特許やWEBシステムの開発について。
大手で特許になっていたものがリリースされていてその利用。
柔軟性があり、話しも興味深い。

終わって、在来線で帰ろうとしたら、
何と電車が止まっているとのこと・・・。

大混雑していたものの、新幹線の振替乗車票を貰って、
結果的には早く戻ってこられました。
新幹線振替乗車票

電車が停まっているとふて腐れるのか、
珍しい体験が出来たと喜ぶのか、
捉え方が人それぞれで、見ていて興味深い。

もちろん停まってること自体は、本心から面白い訳じゃない。
ただ、どういう心持で受け止めて、解釈し次の行動に移していくか。
どうせなら、気分よくやりたいものですね。
  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 23:58Comments(0)経営起業ボランティア宇都宮ベンチャーズ

2016年05月25日

平成28年度 第1回宇都宮ベンチャーズ運営委員会

午後から宇都宮で、
平成28年度 第1回宇都宮ベンチャーズ運営委員会へ参加。



宇都宮ベンチャーズクラブは、以下の体制で運営されます。
・ミリンダ 部長(フォーエム社長)
・鈴木結詞 副部長(アートス社長)
・山田清朝 副部長(コプス・エンタープライズ社長)
・松丸昴平 副部長(ジェネックス社長)

ベンチャーズクラブの役職は、名誉職ではなく使命職です。
何より、ご自身の事業でしっかり結果を出して、
その勢いを持ってクラブを盛り上げてください。

個性的なメンツが揃ったので、今後がとても楽しみです。
  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 23:18Comments(0)打合せボランティア宇都宮ベンチャーズ

2015年11月19日

平成27年度 宇都宮市起業家発掘事業(3)

平成27年度 宇都宮市起業家発掘事業のため、
朝から宇都宮です。
会場は前回同様、宇都宮市男女共同参画推進センター。

駒場税理士事務所 駒場所長


本日のテーマは、事業計画書です。
宇都宮市内で税理士事務所を経営されている、
駒場税理士事務所の駒場所長にお越しいただきました。

駒場税理士事務所
http://komaba.tkcnf.com/pc/

ビジネスモデルコンセプトシートを基に、
ビジネスの作り方をご説明いただいてます。  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 23:59Comments(0)セミナー講師起業宇都宮ベンチャーズ

2015年06月01日

平成27年度第1回うつのみや起業家支援ネットワーク会議

宇都宮市役所 14階 14A 会議室で行われました、
平成27年度第1回うつのみや起業家支援ネットワーク会議に参加。

参加者は、県内の各種金融機関と、
民間と行政の起業支援団体です。

平成26年度活動の課題共有や、平成27年度の取組みについて、
闊達な議論が行われました。

ワーキンググループ設置の検討においては、
面白そうな方向で進んでます。

一民間人ではありますが、
私達の住む街が少しでも良くなるよう、
貢献できるよう知恵を絞って参ります。

このような場をご用意いただき、
関係者の皆様に感謝致します。
  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 23:59Comments(0)宇都宮ベンチャーズ

2015年05月13日

宇都宮ベンチャーズサポーター(2015年5月)

宇都宮市のワンストップ創業支援事業で、朝から宇都宮ベンチャーズにて、相談者への対応をしております。



宇都宮市では「チャレンジャーのまち うつのみや」を掲げており、起業家育成支援事業を実施してます。
さらに、創業支援機関の連携体制を整備し、地域一体となって入口から出口までの一貫した創業支援を実施する仕組みです。

具体的には、起業マインドを醸成するための啓発イベント等、創業を志す人を対象に経営者や先輩起業家を活用した交流イベント等を系統的に開催することで、事業計画の作成や実際の創業を後押しします。

メニューも様々ありますが、ご自身に何が当てはまるのかの判断が、もっとも難しいところかと思います。
例えば、「会社作るのに幾ら掛かるの」「このアイデアでプチ起業って可能かな」「ビジネスプランコンテストに出たいけど資料の作り方教えて」「補助金や助成金で使えるのあるかな」などなど。

堅苦しいのは抜きにして、「今こんな状態で、こんなこと考えているんだけど、どうしたらいいんでしょうか」ぐらいの丸投げする勢いで、お問合せをいただければ、もっと創業が身近になると思います。
是非、ご利用ください。

お問い合わせ
経済部 産業政策課 産業育成グループ(市役所7階)
電話番号:028-632-2442 ファクス:028-632-2447
https://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/cgi-enq/iken_contact.cgi?mail=23050010
  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 23:59Comments(0)宇都宮ベンチャーズ