› 田舎のITコンサル社長ブログ › 地域活性化

2016年09月22日

栃木銀行 女性のためのビジネスプランコンテスト

栃木銀行様で第一回のビジネスプランコンテストが開催されます。
女性のためのビジネスプランコンテストということで、女性目線の斬新なビジネスモデルが出てくることを期待しています。

女性のためのビジネスプランコンテスト
http://www.tochigibank.co.jp/seminar/bizplan_women/

最終審査は、公開プレゼンテーション形式で行われます。
最終審査日は、2016年10月20日。優勝賞金は100万円とのこと。

一次通過者のビジネスモデルに対し、栃木銀行として数名のメンターを用意し、ブラッシュアップなど対応を行うそうです。
光栄なことに今回のビジネスプランコンテスト、メンターの1名として携わらせていただくことになりました。

栃木銀行 ビジネスプランコンテスト

決勝に残った皆さんが、実力を存分に発揮できるよう、微力ながら陰で支えていきたいと思います。
どうぞ、宜しくお願い致します。
  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 23:59Comments(0)地域活性化メディア

2015年10月29日

平成27年度 宇都宮市起業家発掘事業(1)

10時から宇都宮市男女共同参画推進センターにて、
平成27年度 宇都宮市起業家発掘事業のセミナーを行いました。

宇都宮市男女共同参画推進センター


これまで私が講師を経験させていただいた、
各種セミナーでは実現されなかった新たな試みとして、
託児スペースを併設しての事業です。

つまり、未来の宝物である、
赤ちゃんやら、小さなお子さんがいる方でも、
回りに負い目を感じることなく受講していただけます。

もちろん、部屋の一角ではなく完全に別にしてます。
鳴き声が聞こえるなど、他の受講者に迷惑が掛かることもありません。
ましてや、授乳など我々の目を気にすることもありません。

託児スペース完備


行政の事業ということもあり、
託児スペースは、
主婦など子育て経験者という線は無しにして、
保育士資格を持つ専門の方にお任せをしました。

少しずつではありますが、
でも確実に、男女が対等の仕組みが実現してます。
時代の流れを、ひしひしと感じます。

講座のテーマは、
宇都宮イチ分かりやすいビジネスモデルの作り方
ビックマウスなタイトルですみません。
ただ、やるからには楽しくないと嫌だし、
そういうつもりで行ってます。

ともあれ受講者の皆さんは、
まだスタートラインに立ったばかり。
共に成長できることを楽しみです。  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 23:43Comments(0)地域活性化起業

2015年08月23日

催事 道の駅しもつけ

お盆が終わった次の週である8月22日と23日の両日
栃木県下野市にあります、道の駅しもつけ様にて
2日間の催事をさせて頂きました。

torois(トロイス)のアイスも、今や3種類に増えました。
どうせなら分かりやすく、3種類をセットにして食べて頂こうと、
デザートパレット風に3種類の盛り合わせにしました。

見本

赤みのあるアイスが、トマトのアイスです。
白いのは、ミルクですね。
白いけど、黒の粒々が入っているのはキウイフルーツです。
粒々は、キウイフルーツの種です。

看板

流石は、道の駅しもつけです。
沢山のご来場があり、ありがたい限りです。

ところが、2日目の夕方は強風です。
徐々に風が強くなり、テントが危うい感じです。
お客様にご迷惑が掛かるといけないので、早々に撤去しました。

屋根がある場所に移動し、そのまま催事を再開。
道の駅担当者のご配慮があり、無事に終了時刻まで、続けることが出来ました。
テント撤去

無事に、催事を終えることが出来て、何よりです。
関係者の皆様、ご来場いただきました皆様、
大変にありがとうございました。
  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 23:59Comments(0)地域活性化

2015年08月01日

催事 栃木県農業試験場 公開デー

宇都宮市にある、栃木県農業試験場では、年1回のイベントとして公開デーを設けています。
昨年に引き続き、その公開デーで催事をさせて頂きました。

栃木県農業試験場ロケットウェブ20150801-2
宇都宮市のゆるきゃらの1つ、ミヤリーも参加。
市の花であるサツキの冠をかぶった妖精をモチーフとし、宇都宮の「ミヤ」と妖精フェアリーから「ミヤリー」と名づけられたそうです。

昨年と同じように売るだけでは、面白みに欠けます。
迷いに迷い、今年は五感の1つである「香り」を取り入れてみました。
ご存じ、人の感覚を5つに分類し、五感と呼びますよね。
具体的には、「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」です。

例えば、弊社のようなソフトウェア開発をメインにした企業では、ほぼほぼ「視覚」「聴覚」でしか仕事をしません。
ちなみに、「触覚」は、スマホなどではバイブレーション機能などありますので、ありきたりで興味に欠けます。
そんなこともあり、無いモノねだりかもしれませんが、日頃から特に「味覚」と「嗅覚」には興味がありました。

お手伝いいただいたのは、宇都宮市にあるアートスさん。
小売りやホテルなどの店舗内に香りを噴霧し、ブランドを作り上げたり、働く人のモチベーションを高めたり、購買意欲をそそったりと、そんなお仕事をされています。
今回の催事に、欲しかった仕組みです。

右端が、アートスの鈴木社長です。
当日は、キウイフルーツの香りをメインに噴霧していただくこともあり、キウイフルーツをイメージした緑のエプロンをご準備いただいたそうです。流石ですね。
栃木県農業試験場ロケットウェブ20150801-1

ところが、あまりの炎天下で来場者も少なく、また台風が近づいているそうで、ときおり強い風が吹いています。
とてもやりにくかったことと思います。
アスファルトの照り返しも、凄かったです。

栃木県農業試験場ロケットウェブ20150801-3

炎天下で噴霧が遠くまで飛びにくい時、風が強く思う方向へ噴霧できない時、焼きそば屋さんなど強烈な香りが漂った時、色々と試行錯誤するところはあると思います。
それでも、香りによって明らかに人の集客は増えていると感じました。
視覚や聴覚のみならず、嗅覚でも人の興味を引き付けられるということですね。

炎天下の中、アートスの鈴木社長にまでマネキンのお手伝いをしていただきました。
お綺麗な鈴木社長によって、販売個数も増えました。
「嗅覚」のみならず、「視覚」もご提供いただき、ありがとうございました。

弊社としては、ITから食という、ある意味、真逆なところを進んでおります。
ただ、全てはお客様の笑顔のためです。
これからも大胆に模索しながら、お客様の笑顔をより多く引き出せるよう、尽力して参ります。

会場をご提供いただいた、栃木県農業試験場の皆様。
香りによる販売促進にご協力いただいた、アートス様。
ブースを使わせていただいた、丸商様。
そして、この炎天下にも関わらずご来場いただきました皆様、大変にありがとうございました。
  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 23:59Comments(0)地域活性化

2015年04月08日

宇都宮ベンチャーズサポーター(2015年4月)

宇都宮市の創業に関するワンストップ相談窓口対応のため、宇都宮ベンチャーズへ。
栃木県産業会館の3階に移動し、立地も設備も、とても良いところです。



宇都宮市の創業に関するワンストップ相談窓口とは、「起業って何だろう」なんて疑問から、ビジネスプランのブラッシュアップ、補助金や助成金の相談などなど、「起業」「創業」「経営(初期)」に関することをワンストップで相談できる窓口事業です。
ご相談いただいた内容により、中で整理して専門家に振り分けてくれる仕組みなので、原則としてたらい回しが無いのです。

それもこれも、宇都宮市商工会議所様、栃木県中小企業診断士協会様、NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク様、そして宇都宮ベンチャーズ。
宇都宮市の熱に感化され、これらの団体が裏に控えているからこそ、成り立つ仕組みです。

詳しくは以下でご案内しております。
宇都宮市産業政策課様(tel:028-632-2443)を通し、お気軽にご相談ください。

宇都宮ベンチャーズホームページ
http://www.u-ventures.com/wp/
  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 23:50Comments(0)地域活性化

2014年10月31日

東武百貨店ホームページにて

東武百貨店宇都宮店で絶賛開催中の
「ときめき評判コレクション2014秋冬号」
番外編と題しまして、ホームページ上で
「櫻とトマトのソルベ」をご紹介いただいております。



関係者の皆様、
ご掲載いただき大変にありがとうございます。
http://www.tobu-u-dept.jp/topics/page.php?id=201&category_id=11&page=9

フランス料理の最後に出てくるような、
甘すぎない大人のデザートです。
是非ご賞味ください。
  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 00:37Comments(0)地域活性化

2014年10月29日

ときめき評判コレクション2014 秋・冬

催事出品のご案内です。

東武デパート宇都宮店にて行われます催事に、
torois(トロイス)が参加することになりました。
主力商品である、『櫻とトマトのソルべ』を販売させていただきます。



名称:ときめき評判コレクション2014 秋・冬
主催:東武デパート宇都宮店
イベント期間:10月30日~11月19日
場所:B1ふるさとギフトコーナー

お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。

試食販売の日程も追ってお知らせを致します。

どうぞ宜しくお願い致します。  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 23:59Comments(0)地域活性化

2014年10月04日

地域活性化を学ぶ

岩船山クリフステージをご存知ですか。

地元の若者が中心となり、地元の地域活性化を考え、
使わなくなった石切り場を野外コンサート会場として、
年1回のペースでコンサートを行っています。

Mt.IWAFUNE CLIFF STAGE #14
YAMAZAKI MASAYOSHI LIVE SEED FOLKS in 岩舟
今年は、山崎まさよしさんです。

岩船山クリフステージ
http://www.cliff-stage.com/

数年前に、栃木市でお仕事させていただくことがあり、
このNPOの存在を知りました。
もう14年も続いており、
私が知る限り、県内の野外フェスでは最古参ではなかろうか。

今年、異業種交流会で以前とは別の方から声がけをいただき、
地道ながらしっかり継続しているその地域活性化を、
肌身を持って学んでみようと考えて、ボランティアに手を上げてみました。

事前の説明会もあり、
また1ヶ月程度前から、週末で草刈りなどしながら、
準備を進められていたようです。


一番大きな駐車場から見上げる崖です。
車の大きさと比較しても、なかなか見ごたえがあることが分かると思います。


ここが一番大きな駐車場です。
これだけの広さを草刈して整えたのですから、
関係者にはほんと頭が下がります。

朝から機材の搬入、
ステージつくりを行い、
観客席のごみ拾い、
大きめの石拾い、
椅子並べやテーブル並べ、
30名から40名程度のボランティアが、
指示に従い動きます。

そして夕方になると、ステージが一応の完成です。
下手から上手を見てます。
ステージの裏が石切り場の崖になっており、
音が反射するので迫力ある音響になるそうです。


右が椅子席、左がテーブル席です。
きちんと並んでいて爽快です。
苦労した甲斐があるってものです。


これだけの椅子やテーブル、とても1人じゃ出来ません。
ボランティアがあってこその、イベントであることを感じます。

それを示すように、スタッフ側がとても丁寧です。
「スタッフなんだから、ボランティアより働くのは当たり前」と、
そんな風にいうスタッフさんもいました。
自分たちの活動に、誇りを持って臨まれていることが分かります。

さて、いよいよ明日が本番です。
天気はあいにくの雨模様のようです。
少しでも雨が弱まり、素敵なステージになることを願っています。

もちろん、明日も朝からお手伝いに奔走します。
  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 21:44Comments(0)地域活性化

2014年09月23日

渡良瀬遊水地を視察

地元にある今注目のロケーションの1つである、
渡良瀬遊水地の視察です。

といいつつ、今日は特に気合が入っておりません。
というのも、運動不足なので走ろうかなと思いまして、
どうせなら視察を兼ねてしまおうと足を運んでみました。



これだけの大きな湿地帯です。
大きな事故もあったようで、
慰霊碑がありました。

河川の両端にある堤防、
それを繋ぐ道があり、そこを走るコースを選びました。
普通、200mとか300mって思いませんか。
何とスタートした堤防から、河川を渡るまでで3.8kmですよ。



堤防から走って、
河川を渡って折り返してきました。
それだけで約8kmです。



見渡す限りの湿地帯が続いてます。
葦が茂り、ほんと中は分からない。
そういう意味でも、動植物の宝庫と言える場所です。

小さな湿地帯と思っていたのですが、
スケールが違いますね。
ほんと圧倒されました。

実際に走ってみて分かったことがあります。
鳥や虫が大きな音色で鳴いているのですが、
人が近づいても、鳴くのをやめない。

この渡良瀬遊水地において、
我々人間こそが異端なんですね。
この感覚は、尾瀬のそれに似ています。

秋の尾瀬では、
トンボは人が来ても逃げませんものね。
踏まれることを知らないのか、
歩いている人間にされるがまま。

圧倒的な自然の中では、
我々人間が生きるどころか、
足を踏み入れるだけで自然を壊してしまう。



渡良瀬遊水地、面白いロケーションです。
ここを維持するためにも、行政は何等か仕掛けをすることでしょう。
是非とも、上手に活用していただきたいです。
  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 23:59Comments(0)地域活性化

2014年09月20日

キウイ農家を視察

地元のキウイ農家を視察です。

カーナビで向ったのですが、
畑の中を、右へ左へ曲がるので、
車がどっちの方角を向いているのか分からない。
自然に恵まれてた田園地帯に
目指す場所がありました。



木に実るキウイを見るのは初めてです。
市の中心部から僅かな時間で、
こんな景色に出会える。

ここは桑畑が多く、蚕養殖が盛んなところ。
蚕養殖からの経営革新として、
海外からキウイの苗を持ってきて、
数件の農家がそれに賛同し植えたそうです。

すぐに成果が出るわけもなく、
4年から5年は待つ必要がある。
どんだけ不安だったか。

幹が細いうちは、
霜が降りると木が凍ってしまい、
枯れてしまう。
実際にそういう失敗の数々があり、
実地によるノウハウを積み重ねてきたそうです。

先人のチャレンジ精神と、
努力と汗と涙の結晶の上に、
今のキウイ農家があります。

どんな作物も同様でしょうが、
先人の努力と汗と涙の結晶に感謝し、
資源を有効に活用していかなければと思いました。
  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 23:59Comments(0)地域活性化