2013年10月24日

特異な投資基準

あるVCの中の人とお話しをした際に、投資する基準のひとつに"オーラ"があると聞きました。
ガチガチの理攻めで評価を積み上げるイメージがありましたので、その話しを聞いて、とても驚きました。



普通に面談をして話しをする。
評価項目としては"オーラ"なんて欄は無いそうですが、面談をしていてオーラを感じた際にその評価シートの上に大きく"オーラ"と書くそうです。
もちろん、評価者自身"オーラ"それ自体が見えるわけではなく、"その人に可能性を感じる"、"その人に魅力がある"、そんな評価を形にしたもの。

数万ものビジネスモデルやプレーヤーを見続ける中で、何となく感じる傾向性。
でもそれは規定のシートでは評価しようがなく、自身が経験則で感じる感覚、それを無駄にしたくないゆえに"オーラ"と書くそうです。

それが評価シートに大きく書かれた"オーラ"の意味。
  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 16:26Comments(0)その他

2013年10月19日

健気に咲きほこる花々

これから、栃木県栃木市で打合せ。

駐車場の片隅で、ほったらかしになっていたプランター。
出発しようと車に乗る際に、ふと花が咲いていることに気が付いた。



このプランター、かれこれ半年はそのままになっていて、
それこそ草だけ生えていてもおかしくない。

1つは白い大きな花、
もう1つはピンクというか薄紫の小さな花がたくさん咲いてる。
何の花だろう???

残念ながら花の名前が分かりませんが、
きっと、大家さんが何か植えてくれたに違いありません・・・。

大家さんの優しさと、
雨の中でも健気に咲きほこる花々に、癒されました。

どうもありがとう!  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 23:59Comments(0)その他

2013年10月13日

チャリティーイベント終了

連休真っ只中の10月13日、小山住宅公園内でチャリティー販売をさせて頂きましたicon28
新商品、"桜とトマトのカクテルジェラート"の報告ですicon14



11時にスタートしたチャリティーイベントは、14時過ぎに100個を完売し、無事故で終了となりましたface02

数日前まで台風が来てみたり、秋めいた陽気になってみたりと、なかなか天候が読みきれずとても不安な日々を過ごしましたicon10
弊社としては初の野外イベントですし、何よりアイスという気温や天候にとても左右されやすい食べ物なので、尚更ですicon10
例えば、寒風が吹き荒れる中でしたら、どんな新作アイスでもその価値が霞んでしまいますよねicon11

しかし、その不安を払拭するようなとても良いお天気に恵まれましたicon01
また、Facebookで若干の拡散をさせて頂きましたこともあり、その投稿を見てご来場いただいた方もいらっしゃいましたicon12
ありがとうございましたicon14



家族連れも多く、お子様をはじめ沢山の笑顔に出会うことが出来、とても幸せな時間を過ごしましたface02
笑顔は、その笑顔を見た人まで幸せな気持ちにさせてくれますねface01

もちろん、浮かれてばかりではありません。
沢山の笑顔を見られた反面、当然反省点や課題も多くもあります。
具体的には、コーンでは食べにくいので、カップの方が小さなお子様には良かったように思います。小さな子が傾けてしまい、落ちそうになった場面も目にしました。もしかしたら私が見ていないところで落として泣いていたお子様がいらっしゃるかもしれない。
それと、トマトがベースになっているので、ネーミング自体で"いらない"って言われるお子様もいらっしゃいました。もちろん万人受けする商品の難しさは存じておりますが、今後の課題としては残して良いかと思いました。

ともかく、無事故で終わることが出来てよかったです。
チャリティーイベントですので、売上は小山住宅公園を通じて全額寄付させていただきます。
応援してくれた皆様、ご来場いただきました皆様、幸せな時間を共有していただき、大変にありがとうございました!
  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 23:59Comments(0)その他

2013年10月09日

フレンチシェフのイベント

週末のイベント告知です!

現代フランス料理の祖と呼ばれ、現地フランスで数十年も頂点に位置する(世界で一番権威のある格付け☆☆☆)レストランのオーナーシェフ。その流れをくむ最高のシェフのレシピを独占提供していただき、ここ栃木県小山市内で世界最高と自負するジェラートをつくりあげました。

桜とトマトのカクテルジェラート

10月13日11時より、 小山住宅公園(イオン小山店の斜向かい)にて、限定100個を用意します。価格は何と50円。売上は全額小山市へ寄付します。
10月といえばアイスはすでにOFFシーズン。さらに天候も怖いのですが、オリジナルレシピですので、文字通り唯一無二のここでしか食べられないアイスです。怖いもの見たさで、是非お越し下さいませ。

大樹自身、20年ぶりぐらいでコック服に袖を通します。
「カプリチョーザ」や「サンマルクカフェ」でのチョコレートパフェや、デザートアイスを盛り付けていたころを思い出しながら、当日頑張ります。どうぞ宜しくです!



日時:10月13日11時より
場所:小山住宅公園(イオン小山店の斜向かい)
価格:50円(全額寄付します)
補足:駐車場は十分に確保されています。
限定100個、売り切れ次第で終了となります。



地図はこちら

レシピを提供してくれたシェフとは別に、ジェラート製造の責任者のパティシエがいます。こちらのパティシエは、辻調理師学校の出身。さきほどググって知ったのですが、フランス料理を日本に広めたのは、辻調理師学校の創始者である辻静雄さん。文字通り、フランス料理の王道を行く流れだなと、ちょいと鳥肌。

無事に晴れて、たくさんの笑顔に出会えることを願っています!
是非、お越しください。  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 00:30Comments(0)その他

2013年10月06日

地域の運動会ボランティア

土曜日の夜に知り合いからお誘いを受け、
日曜日の朝から、知らない町の知らない小学校で行われた
地域の運動会へ参加してきました。

その地域では、1から11区というグループに分かれていて、
赤、青、紫、オレンジ、緑、黄などなど、各色に分かれて対抗戦が行われます。

少子高齢化のあおりを受けて、
旧ベットタウンと、新興住宅地では、
明らかに世帯数や家族構成に差があり、
競技が成り立たないところもあります。

その地域では、
今年で41年もこのような地域運動会を開催しているそうで、
地域交流に根ざしたとても良いイベントでもあるし、
少しでもお役に立てるならと思うわけです。

一部、記憶から落ちているところもあるかもしれませんが、
参加した競技は以下です。
・綱引き
・輪投げ
・50m競走
・ホールインワン(ゲートボールみたいなもの)
・二人三脚
・玉入れ
・100m競走

希望すれば、いや希望しなくても、
ほぼほぼ何でも出られるぐらいな感じです。

1種目参加する都度に、
参加賞が貰えることもあり、
帰りには結構な荷物になりました。

・缶詰 数個
・お菓子 数種類
・ジュース 数本
・入浴剤 1個

ともかく、一日中、沢山の笑顔と声援に包まれて、
とても良い運動をさせていただきました。
ありがとうございました。

参加した競技数が異常な感じなので、
明日の筋肉痛が心配です。
実は既に筋肉痛が始まっています。
  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 23:59Comments(0)その他

2013年10月01日

ドリームゲートアドバイザーとして始動

いよいよ本日より、21期のドリームゲートアドバイザーとして始動します。



私は勤めていた会社の事業所閉鎖から、何の準備も無いまま起業した口です。
知識も無いし、人脈もなく、究極のナイナイ尽くし。

図書館に通ったり、ググってみたり、そしてこのサイトに出会い、
ドリームゲートから多くのことを学びました。

起業家ブログを沢山読んだ。
ドリームゲートのイベントにも参加してきた。
ドリームゲートアドバイザーの皆さんに、沢山相談してきた。

そして、ただ実直に仕事をして、信頼を積み重ねてきた。
県や市から委員会のお呼びが掛かるようになり、
商工会や市役所でセミナー講師をさせていただけるまでになった。
省庁で専門家登録もしていただいた。

そして何より、沢山の仲間に恵まれて今がある。
ほんと、ありがたいことです。

ドリームゲート起業相談
http://www.dreamgate.gr.jp/kigyou_soudan_top/

"キーワードから専門家を探す"の欄で、
"大樹"と入力していただければすぐ見つかります。

起業を夢見る方、起業する方、そして経営初心者の皆さん、
共に、夢を実現する力を身に付けていきましょう。


アナタの夢に一瞬でも立ち会えるとしたら、こんな嬉しいことはナイ。

どうぞ宜しく!  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 11:31Comments(0)その他

2013年01月23日

起業家、経営者ブログについて(4)

前回に引き続き、
起業家、経営者ブログについてです。



前回は、ブログの価値をワインに例えて、
今年初めて出荷することで発生する旬の評価、
熟成させて寝かせることで後から読み返すことで得られる評価、
この2つがあることをご説明しました。

執筆当時に発生する価値と、
後から検索して読んでいただける価値です。
後からお客様と繋がる可能性があるとすれば、
今より少し頑張れるかなと。

今回は、
「ブログのタイトルと内容に注意する」です。

ブログの旬は投稿した時だけではなく、
その後も価値があることをお伝えしました。

ゆえに問われるのは、
適切なタイトルや内容です。
タイトルだったり、
記事の内容が問われる
ということです。

例えば、
何処そこで食事しましたという数年前の記事を閲覧されても、
飲食店のコンサルさんや、
グルメレポーターならいざ知らず、
全く異なるところ畑の場合は、
現実問題として、ビジネスには結びつきにくいです。

そういう先々のことも考えますと、
記事のタイトルだったり内容は、
自身のビジネスにダイレクトにマッチしていたり、
少し角度を変えた類似情報が望ましいです。

では、自身の事業から離れた類似情報とは、
いったいどのようなものでしょう。

ある経営者は、
地域でのボランティア活動する姿を載せることで、
人柄を知って貰おうとします。

また別の経営者は、
家族で仲良く過ごす姿を載せることで、
家族想いの愛妻家である姿を知って貰おうとします。

この辺の加減は、
ご本人のキャラクターもありますので、
何が正解というところは無いです。

ただこの手法を使う方は、
企業向けのビジネスというよりは、
個人向けビジネスをしている経営者様に、
若干多い
ように思います。

一昔風に例えるなら、
BtoBよりはBtoC向けの方が、
このような人間性を物語にしやすい
のでしょう。

ではそろそろまとめです。

続きの記事は以下です。
起業家、経営者ブログについて(5)

1つ前の記事は以下です。
起業家、経営者ブログについて(3)
  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 00:00Comments(0)その他

2013年01月23日

起業家、経営者ブログについて(3)

前回に引き続き、
起業家、経営者ブログについてです。



前回は、ブログの執筆を始めると陥りやすい罠についてでした。
アクセス数を稼ぐために、バズワードに走りすぎることで、
ブログを見てくれているファンを失わないように注意しましょうと、
そんな話しです。

また、毎日見てくれるファンを逃がさない意味でも、
1日1回の更新を目標に、更新頻度を高くしましょうと、
そんな話しです。

今回は、
「ブログの苦労は無駄じゃない」についてです。

ブログを始めたばかりは、
単に新着の記事ばかりにアクセスされます。
なので、公開した次の日にはもう見られなくなり、
あんなに苦労して執筆したのに、
何だったのかなと、そんな気分になる方がいるかもしれない。

でも違うのです。
ご存知のようにCMSなどを利用して書かれているブログは、
ページ自体のタイトルがあり、
そこに紐付いて文章があります。

イメージ的には、
ホームページの1ページみたいなもの。
つまり、毎日の努力である1つ1つの記事が、
ホームページの拡張と同じような効果をもたらします。

私のブログでも、
アクセス解析で分るのですが、
過去記事へのアクセスが抜群に多いです。

そういう中で、
今まで繋がりが無かった方が、
私なり、私の会社を知り、
セミナーの依頼を頂戴したり、
コンサルの依頼を頂戴したり、
お仕事に繋がっています。

ですので、執筆した記事には、
新鮮であることの魅力と、
消さない限りは後から見ていただける可能性がある魅力と、
2つある
わけです。

ワインに例えるのが正しいか謎ですが、
今年初めて出荷することで発生する旬の評価、
熟成させて寝かせ後から読み返すことで得られる評価、
この2つがあるのです。

後からアクセスして貰うことで、
お客様と繋がる可能性があるとすれば、
ブログを書く意味を少し強くご理解いただける
のではないでしょうか。

でも、その為には注意すべきところもちゃんとあります。
そのご説明をします。

続きの記事は以下です。
起業家、経営者ブログについて(4)

1つ前の記事は以下です。
起業家、経営者ブログについて(2)
  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 00:00Comments(0)その他

2013年01月23日

起業家、経営者ブログについて(2)

前回に引き続き、
起業家、経営者ブログについてです。



前回は、ブログを届ける対象、
それぞれの特性や効果を具体的に掲げ、
貴方の言葉を届けたい対象を明確にすることで、
ブログへ執筆する内容が具体的になる話しをしました。

今回は、
「ブログを書き続ける上で陥る罠」についてです。

ブログの執筆を続けていると、
少なからず人の反応が欲しくなります。
人間のサガみたいなものですね。

それは書き込まれるコメントだったり、
リアルでお逢いした方からの声掛けであったり、
また見えないところではアクセス解析であったり。

そこで陥りやすい罠として、
いわゆるアクセス数稼ぎに走ることで起こる、
バズワードの多用です。

その時々で旬な内容をタイトルにして、
本文でもそのことに触れる。
そうしますと、RSSなどで利用される
多くのブログ紹介サービスで、
タイトルや本文の最初が引用されるので、
アクセス数は稼ぎやすくなる。

しかし、
ブログへのアクセス数は増えるのですが、
本来の事業と異なる場合に、
本当にそれで良いのかと。


更に極端には、何で某社長は、
某アイドルグループのネタを執筆しているのか、
某お笑い芸人のことを執筆しているのか、
そんな話しになります。

もちろん、本当に良いものがあり、
運営しているブログの趣旨から脱線しない内容であれば、
そのバズワードもありです。
しかし、それも限度がありますので、
連日のようにバズワードを多用していると、
流石に人が離れてしまいます。

一度離れたファンを呼び戻すのは、
新規にファンを獲得するより、
100倍大変です。

ここは、とても大切なことです。

ブログのランキングサイトって世の中に沢山あります。
もちろん順位が高ければ気分が良いものではありますが、
それだけに惑わされることなく、
運用していっていただきたいと思います。


また、多くの紹介サイトでは、
更新情報の新しいものが上位に来る仕様です。
目に触れやすいのです。
理想は1日1回の更新、
最低でも週1回は更新したいですね。


それにしても、
ブログの執筆って大変ですよね。
皆さん、見て貰えるのは書いたその時だけって思ってませんか。
実は後から見て貰えるところにも魅力があります。
つまり頑張った分、後からご褒美があります。

続きの記事は以下です。
起業家、経営者ブログについて(3)

最初の記事は以下です。
起業家、経営者ブログについて(1)  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 00:00Comments(0)その他

2013年01月23日

起業家、経営者ブログについて(5)

前回に引き続き、
起業家、経営者ブログについてです。



前回は、ブログは書いた時に最も注目される一面がありますが、
それと同時に、ホームページのように1ページ単位で蓄積されますので、
日々の執筆のご苦労は、
ホームページを毎日1ページ作っているようなもの
であることをお伝えしました。

なので、その日のアクセス数に踊らされず、
後から閲覧されることも意識しながら書くと望ましいことも、
お伝えしました。

そして、本業からちょっと角度を変えた話題もたまには効果的で、
企業向けのビジネスよりは、個人向けのビジネスをされている方が、
ボランティアの記事や、家族で過ごす記事を投稿すると、
より効果的であることをお伝えしました。

今回は、
「起業家、経営者ブログまとめ」です。
以下に「(5)ブログの執筆を簡単にする工夫」を追記してます。
ブログの執筆を楽にする提案があります。
是非参考にしてください。

・(1)ブログを書く目的を明確にしよう
それは、御客様向けなのか、社員向けなのか、自身向けなのか。
目的が明確になると、記事の方向性が決まります。


・(2)アクセス解析、ランキングに惑わされない
記事の評価は、アクセス解析やランキングでは単純に計れない。
1日1回の更新が理想、でも業務に支障が出ないようにする。


・(3)ブログの苦労は無駄じゃない
投稿した時は旬であるが、後からアクセスされる可能性もずっと残る
記事を寝かせること(時間経過)で、後から良い反応が出るものもある


・(4)ブログのタイトルと内容に注意(工夫)する
タイトルや内容は、後から閲覧されても違和感の無いものが望ましい
個人対象のビジネスでは、ボランティア活動や家族の記事も効果的


・(5)ブログの執筆を簡単にする工夫
その場で作成し投稿するのではなく、記事をストックという発想を持つ
予約投稿があるブログでは、公開日を工夫しよう
公開する曜日や時刻によって、アクセス数に影響が出る


セミナーなど口頭では無いのでお伝えしにくい面もありますが、
その辺は省いておりますが、一応、それなりに意味がある情報を
公開しているつもりです。

起業家、経営者ブログにおいて、
これは間違っている、これはやらない方が良いというのはありますが、
これは正しいとか、これが絶対だというものはありません。

何故なら多くのブログにおいて、
業種や形態が異なり、対象となるお客様が異なり、
そして何より、我々執筆者の人間性が異なる
からです。

そんな中でも、
より基本に忠実と思われることを書いてみました。

起業家、経営者ブログを書かれている方、
これから起業家、経営者ブログに挑戦しようかと思われている方は、
是非ご参考にしていただきながら、
自分にあったペースで、自分にあった方法で、
運用していっていただければと思います。

====================
過去記事は以下になります。
起業家、経営者ブログについて(1)
起業家、経営者ブログについて(2)
起業家、経営者ブログについて(3)
起業家、経営者ブログについて(4)  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 00:00Comments(0)その他