› 栃木県ICTコンサル社長ブログ

2017年09月16日

増員計画

日本国内において、
人材は完全な売り手市場。

コンビニなど安価で稼働しなければいけない店では、
外国人店員だけの店舗も少なくない。
業種業態を問わず、人材獲得のサバイバルレースが始まっている。

弊社においては、
正社員や外注を問わず昨年は3名が外れている。

「スタッフは家族」と捉えている側からすると、
3名の離脱は精神的にも堪えた。

ともあれ、親の介護だったり理由は明確。
陰ながら応援しようという気持ち。

今年度は、
特に採用目標を明確にせず進めてきたところがあった。
でも計画をせず、なるようになるで進めていたら、
それは経営者じゃなく運営者でしかない。

これではいけないと反省し、
遅ればせながら6月頃だったか、
昨年抜けたメンバーの穴を埋める補強をしようと腹を決めた。





それから数か月、補強は無事に成功。

ふと思う。
この先を見据えたらここで足踏みする意味は無いなと。
あらためて、増員計画を練り直す。

  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 23:18Comments(0)

2017年09月14日

この一歩

先々週ぐらいから急浮上した案件で、
畳み込むように一気に寄り切った。
他社にしたら大したこと無い額だろうけど、
弊社にしたらかなり大型案件。

短期間だったこともあり、いろんな要素が求められ、
うち何か1つでも欠けてしまえば流れてしまう。
そんな危うさを抱えた2週間だった。

丁寧に進めてくれた皆さん、どうもありがとう。





ともあれ叶えてしまえば過去のこと。
浮かれることなく、次なる目標を掲げ進んで行こう。
「一歩また一歩、確実に進む」そんなイメージを忘れずに。

  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 23:59Comments(0)その他

2017年09月13日

新入社員歓迎会

新入社員歓迎会で、上野御徒町方面へ。

会場は、東北地方の料理を出している店。
単純なんだけど、いぶりがっこにチーズが挟んである、
そんな料理というかツマミが美味しかった。





「いぶり」は炙りから来ていて、「がっこ」は漬物を指す。
汎用的には、いぶり漬け(いぶりづけ)と呼ばれ、
秋田県の内陸南部地方で主に大根を燻煙乾燥させてつくる漬物。


ちなみに、馴染みの「いぶりがっこ」という呼び名は
秋田県湯沢市下院内の漬物屋が、
1964年に発売したいぶり漬けの商標。


弊社は2005年、いぶりがっこは1964年、いぶりがっこは大先輩である。
当時は、チーズに挟むという食べ方はされていなかったわけで、
現代では、従来通りにそのまま食べる人も居れば、
チーズと共に楽しむ人も居る。

時代や人にあわせて上手に変化しながら残っている。
うちもそんな組織であり続けたいな。


さて、巡り巡って最後はラーメンで締め。
もう若くないので暴飲暴食は結構辛いけど、
皆が喜んでいるからたまには良いかな。
  


Posted by 大樹直人 (naohito ooki) at 23:59Comments(0)その他