› 田舎IT社長ブログ

2019年09月21日

規模が大きくなったらアウトソーシング

おはようございます
田舎IT社長オオキです

小料理屋のカウンターで
隣の席の知らない方から
釣ったばかりのワカサギを頂いた

小料理屋なので
その場で天ぷらにして頂き
もう美味しいのなんのって



日光の中禅寺湖で
釣ったそうで
次の日からは禁漁になるそう

実は私
お酒自体は大して好きではない
なので家で呑むことは無い

誰と呑むか
そこに最大の重きがある
だって時間は有限だから

一期一会
初めての方と会話する
そんな機会があるのも
呑み屋さんの醍醐味

知らないオジサン
美味しいワカサギ
ご馳走様でした!


さてさて

個人事業主と法人の違いの1つで
書類の多さがある

個人事業主は
個人事業主で申告に向けて
書類が多いけど

当たり前だけど
法人は法人で
更に多い

一説には
この書類整理で嫌になり
本来の事業に注力出来ず
事業が上手くいかない

そんな話しを耳にすることも
少なからずある

大きなステージを目指し
スタートアップで
総務や経理を揃え
体制を整えて
走り出すなら別だけど

やれることは全部やる
そんなスタンスで
走り出している社長は
嫌なことも自分でやるので
結構ストレスを抱えがち

事務処理が嫌だとして
自分でやるか
アウトソーシングするか
目安があります

その事務処理は
スムーズに進むなら
月に何時間かかるか

その何時間の作業を
他人に委託した場合に
ご自身はその何時間の空きで
生産性のある仕事が出来るか

空き時間で仕事するなら
仕事に飢えているので
アウトソーシングすべきだし

やっとできた空き時間
休むに決まってるじゃんなら
ご自身でやるか
アウトソーシングするかは
お金だけの問題

ともあれ
経営は継続してなんぼ

その要因の1つに
ストレスが間違いなくある

なので餅は餅屋で
事務処理は分業した方が

ご自身の事業が上手くいく
可能性は高まると
そんな風に考えます

それでは仕事に戻ります
本日も宜しくお願いします
  


Posted by 田舎IT社長 at 07:00Comments(0)